【百段階段を登ろう】静岡浅間神社の7つの神社で参拝すれば運気上昇

静岡ガイド

こんにちは、ひろたかです。

静岡市の中心にある由緒正しき神社、それが静岡浅間神社。静岡市を代表する観光スポットとして有名な所です。

地元では初詣スポットとしてなくてはならない神社として知られていて、通称「おせんげんさん」と呼ばれ親しまれています。

1000年以上の歴史を持つ神社で、境内に26棟ある全ての社殿は国の重要文化財に指定されている由緒正しき神社なのです。

浅間神社は1つの神社だけでなく、7つの異なる神社で形成されていて、その7つの神社で全てお参りすれば、願いが叶うと言われています。(通称浅間の7社回り)

つまり、一つの神社を参拝しただけでは、効果はありません。

 

というわけで今回の記事では、毎年初詣に通っている僕が、静岡浅間神社の7つの由緒正しき神社を紹介しちゃいます。

この記事をきっかけに浅間神社に行って、運気が上がったら嬉しいです!

是非読んで見てください!

 

 

 

静岡浅間神社 アクセスガイド

JR静岡駅北口から徒歩で25分。

バスで行くなら静岡駅北口バスターミナルの9番のりばから美和大谷線、安倍線に乗車。

「赤鳥居」バス停で下車してすぐ。料金は190円。

10番のりばから出発する「駿府浪漫バス」でもアクセス可能です。

静岡駅から遠いなーと思うかも知れませんが、思ったほど遠くはありません。

 

道中には、呉服町商店街や浅間神社前の浅間通りを通りますので、ウインドーショッピングしながら歩いて行けば、あっという間に到着しますよ。

 

静岡浅間神社の概要と平成令和の大改修

浅間神社、通称「おせんげんさん」と呼ばれるこの神社は、

  • 神部神社
  • 浅間神社
  • 大歳御祖神社

の3社の総称です。

神社の裏にある山は賤機山で、頭のしずは、静岡の名前の由来になったとも言われてます。

徳川家ともゆかりがあり、初代将軍徳川家康は浅間神社を強く崇拝していました。これ以来徳川家の将軍の祈願所として使われてきたのです。

 

上の写真は、浅間神社の入口でもある楼門です。

漆塗極彩色で塗られたこちらの門は、2020年11月に修復工事が終了。

写真のようにキラキラに輝いた門が姿を見せました。

現在(2021年2月)、浅間神社は北回廊の塗り替え工事を行っていますので見学の際は注意。

この大改修は、約20年かけた行う大規模な工事となります。さらに美しくなるのが待ち遠しいですね。

それではここから、浅間神社に行ったら参拝する7つの神社を順番に紹介していきます。

 

静岡浅間神社内の神社①と② 神部神社と浅間神社 

 

少し木々に隠れて見にくいですが、向かって右側が神部神社で、左側がこの後紹介する浅間神社(あさまじんじゃ)です。

神部神社は、この地で最も古い神社として知られ、

  • 延命長寿
  • 縁結び
  • 防災招福の神

として知られています。

 

神部神社の隣にあるのが浅間神社です。

 

ここは、静岡県富士宮市にある浅間神社本宮の分霊を歓請し、富士新宮」として祀られています。

平安時代の901年に時の醍醐天皇の勅願によるもので、いかにこの神社の歴史が長いのかがわかります。

静岡浅間神社 大拝殿と舞殿

神部神社と浅間神社、この2つの前にあるのが浅間神社大拝殿です。

静岡浅間神社の顔ともいえる存在で、「浅間造り」の代表的な存在ともいえる建造物として知られています。

 

大拝殿には入り口が左右2つあって、階段の前に賽銭箱が置いてあり、参拝者はそこから神部神社、浅間神社にお参りをします。

 

建物の高さは25mあり、木造の神社としては出雲大社より高い建物なのです。(出雲大社は24m)

殿内は132畳敷の広さがあり、このことからもスケールの大きさがよく分かります。

大拝殿の前にある屋根付きの建造物は舞殿。

天井にある彫刻は、素木(しらき)を立川流で彫ったものです。

 

立川流とは、江戸時代中期に活躍した宮大工の名称の事を言います。

こちらは江戸時代後期に建てられたもので、奉納行事がこの上で行われています。

普段は御祈祷の時しか中に入れないのですが、時期はまちまちですが特別参拝も行われていて、100人ほどの限定で、大拝殿と本殿を見学することが出来ます。

 

いつ行われるのかは不明なので、まめに浅間神社のHPを確認しておきましょう。

境内案内|静岡浅間神社

 

静岡浅間神社内の神社③ 大蔵御祖神社【おとしみおやじんじゃ】

 

神門、拝殿、唐門、本殿の4つの建物からなる神社。別名は奈吾屋大明神です。

殖産興業を守る神としても有名で、商売繁盛を願う人がここにお参りに来ます。

市街地から神社まで続く商店街、浅間通りの目の前にあるため、神社に着いて一番最初にお参りする人が多いのがこの神社です。

 

大なり小なりビジネスをやっている方は、最初にお参りすることをおすすめします。

 

2016年に塗り替え等の修復工事が完了して、朱色が以前より美しく映えるようになりました。

 

静岡浅間神社内の神社④ 少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)

入母屋造銅瓦葺(かわらぶき)の極彩色が綺麗な神社で、大拝殿の右側に位置しています。

この神社は2つの神がいて、一人は県内唯一の医薬の神です。

病気の回復や身体の健康を祈ると願いが叶うと言われています。

患者の立場だけでなく、医療関係者や医学部合格を目指す受験生の参拝も多いです。

医療関係全体の神様といえますね。

もう一つの神は、御酒の神様。

芸能を広めたことから、芸能の神様とも言われ、それを生業にする参拝者も多く訪れます。

こちらは2018年に塗り替え工事を完了。朱色を中心に以前より色が映えるようにな利、参拝する所も整備されました。

 

静岡浅間神社内の神社⑤ 玉鉾神社

大拝殿の右隣の奥にひっそりと佇む小さな神社、それが玉鉾神社です。
本当に小さくて、思わす見逃してしまいがちではありますが、ここは学問の神様として知られていて、シーズンになると合格を祈りに多くの受験生がここを訪れます。
さらに御祭神が、江戸時代に国学を世に広めた国学の4大人なのです【本居宣長、平田篤胤(あつたね)、賀茂真淵、荷田春満(かだのあずままろ)】
学問全般に有効なので、資格試験の前に訪れば合格間違いなしかもです。
神社の横には、絵馬も飾れるので、合格への熱い思いを書いちゃいましょう!

静岡浅間神社内の神社⑥ 八千戈神社(やちほこじんじゃ)

浅間神社名物の百段階段の右側に位置する神社で、朱色が基調となった建物には、熟練の技によって掘られた彫刻も目を引きます。
百段階段を登る前に、参拝する人が多い感じですね。
八千戈の神とは、幾多の困難を乗り越えて道を切り開いた開運の神として有名です。
そうした事から、必勝、勝運の守護神としても知られていて、スポーツ関連の関係者が必勝祈願のために参拝に訪れます。
林と境内がいい感じのコントラストですね。

静岡浅間神社内の神社⑦ 麓山(はやま)神社【百段階段と古墳】

浅間神社の裏側の賤機山の中にある神社です。
この神社の右手が、賤機山のハイキングコースの入り口となっています。
三間社流造りの建物で、浅間神社の周辺地区の本氏神として、地域を守る役割も持っている神社です。
五穀豊穣を祈るのに効果があり、衣食住全般の祈願が出来る神社でもあります。
初詣の季節には行列が出来る時もあって、参拝時には必ず訪れるという人は多いです。
この麓山神社に向かうためには、浅間神社名物百段の階段を登っていかなければなりません。
参拝者が多いのも、この階段があるというのもあるかもですね。
こちらが八千戈神社の所でもチラッと取り上げた百段階段です。
これは見ただけで圧倒される階段ですね。
参拝客だけでなく、地元住民や近所の中高の部活動のトレーニング場所としても使われています。
かなり急な階段なので、急がずゆっくり上がっていってください。
階段の真ん中に手すりがあるので、そこを持っていけば安全です。
下りていく時は、谷底を下っていく感じでかなりのスリルを感じますよ。
浅間神社に行った際は、必ず登って見て下さい。体力チェックには最適です。
麓山神社の反対側には、賤機山古墳があります。
6世紀ごろに造られた円墳で、家形石棺の大きさは東海随一です。
装飾品や武具といった出土品の多さと美しさには定評があり、浅間神社内の文化財資料館にその多くは展示されています。
ということで次の章では、文化財資料館を紹介していきましょう。

静岡浅間神社 文化財資料館

こちらが文化財資料館。今川家、武田家、徳川家にまつわる物や、古墳に関する物、絵画や楽器など、入場料200円で豊富な展示品を見ることができます。
僕が子供の頃から変わらない建物で、普段から入場者がほとんどいないですね。
古い施設ですが、展示物は豊富で、企画展もかなりの頻度でやっているので必見の博物館です。
文化財資料館の前には、鯉が泳ぐ大きな池があります。
近くの売店で、餌が売っていますので、餌をあげてみるのも良いですよ。

まとめ

今回は、静岡市の観光名所の静岡浅間神社を紹介していきました。

今回紹介した、

  1. 神部神社
  2. 浅間神社
  3. 大蔵御祖神社
  4. 少彦名神社
  5. 玉鉾神社
  6. 八千戈神社
  7. 麓山神社

の7つの神社全てでお参りすると、開運は約束されたのも同然です。

浅間神社は色々な神社が境内にあるので、散歩するだけでも楽しい所。

遠方から静岡市に観光に来る機会があったら、是非訪れてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事とあわせて静岡市の観光名所の記事も是非読んでみてください。
タイトルとURLをコピーしました