【みなとみらいで空中散歩】横浜にロープウェイが開業したので乗ってきました

国内旅行

2021年4月22日、横浜のみなとみらいに地区に新たな新名所が登場しました。

それが、「YOKOHAMA AIRCABIN(以下ヨコハマエアキャビン)」です。

 

ヨコハマエアキャビンは、日本で最初の常設都市型ロープウェイで、みなとみらいの街並みを高いところから眺めることができるスポットとして、大きな評判となっています。

 

実際乗ってみたらどんな感じなの?

乗ってみたいんだけど料金とかいくらするんだろう?

今回は、こうした疑問に答えていきます。

あのみなとみらいに、ロープウェイが完成したというのはかなりの衝撃で、その変わり果てた景観に横浜市民から賛否両論が起こっている状態です。

今回の記事では、実際にヨコハマエアキャビンに乗ったレビューを、できる限り中立的な観点でまとめていきます。
ヨコハマエアキャビンでアクセスできる新港埠頭の名所も合わせて紹介していきますので、訪れる際の参考にしてください!

 

 

「ヨコハマエアキャビン」とはどんなロープウェイか?

 

 

JR桜木町駅から、新港埠頭の運河パークまでの全長630mを結ぶ、日本初の都市型循環ロープウェイです。

ひろたか
ひろたか

海外では、ニューヨークのルーズベルトアイランドのロープウェイや、ロンドンの「エミレーツ・エアライン」など、都市型ロープウェイはいくつか存在します。

所要時間は片道約5分だけという短い路線ではありますが、窓の外からみなとみらいの美しい景色を眺めて楽しめるロープウェイです。

ヨコハマエアキャビンの完成により、桜木町を起点に新港地区にあるショッピングモールの横浜ワールドポーターズや赤レンガパークの方まで歩かずに行けるようになり、アクセスが楽になりました。

正直JR桜木町駅から徒歩でも15分、みなとみらい線の馬車道駅から徒歩10分ほどなのでそこまで遠い場所ではないのですが、便利と言えば便利ですね。

 

ヨコハマエアキャビンの利用料金

片道 大人1,000円、子供(3歳〜小学生)500円
往復 大人1,800円、子供(3歳〜小学生)900円

となっています。

えっ?所要時間短いのに高くない?

と思われる方もいるのではないでしょうか。

正直、交通手段としてはかなり割高な乗り物と言っていいでしょう。
あくまで、遊園地のアトラクションに乗るような感覚で乗ればいいかもしれません。

 

 

ヨコハマエアキャビンは、みなとみらいにある遊園地のよこはまコスモワールドによる運営なので、写真にある大観覧車とのセット券も販売しています。

横浜港の景色を存分に楽しみたい方には、おすすめですよ。

料金はこちら

片道 大人1,500円 子供(3歳〜小学生)1,200円
往復 大人2,300円 子供(3歳〜小学生)1,500円

となっています。

ひろたか
ひろたか

大観覧車単独の乗り物券は900円、なのでセット券を購入すれば500円もお得になるのでおすすめですよ!

 

ヨコハマエアキャビンに実際に乗ってみました

 

 

というわけで、実際にロープウェイに乗ってみましょう。
桜木町乗り場はJR桜木町駅の目の前、バスターミナルのところにあります。

階段またはエレベーターを利用して、上階へ上がりましょう。

 

 

乗り場にたどりついたら、券売機でチケットを購入しましょう。
自動券売機で購入できるのは、片道券と往復券だけです。

コスモワールドの大観覧車とのセット券を購入する場合は、有人窓口に限って購入ができるので、そこで購入しましょう。

 

ヨコハマエアキャビンに乗車しました

 

 

乗り場に着いたら、係員の指示にしたがってキャビンに乗車します。

ゴンドラは、観覧車と同じ感じで常に移動しているので、足元に気をつけて乗りましょう。

ひろたか
ひろたか

エアキャビンは、全部で36台が一斉に運転されていて、定員は8名までです。

1台乗り過ごしても、1分ごとに次のゴンドラがやってくる仕組みになっています。

この日は空いていたので、ゴンドラを独り占めして乗ることができました。

 

 

中はこのような感じです。
キャビンの中にはエアコンが付いているので、快適に過ごせます。

 

ヨコハマエアキャビンで空中散歩に出発

 

 

ゴンドラに乗車して、約5分間の空中散歩の始まりです。
最初に、桜木町駅のバスターミナルの上を通過していきます。

 

 

北仲橋の上に差し掛かると、みなとみらい地区の美しい景色が前面に広がってきます。
左に見えるのは、汽車道の遊歩道です。

 

 

 

下を眺めてみました。
当然のことながら、初めて見る景色なので新鮮な眺めでしたね。

 

キャビンの中から、ランドマークタワーが見えました。
大阪のあべのハルカスに次ぐ日本で2番目に高いビルで、完成から間も無く30年経ちますが、堂々とした佇まいは健在です。

 

 

船の帆をイメージした建物でおなじみ、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」と、よこはまコスモワールドの大観覧車が見えてきました。

昼の景色も素晴らしいですが、エアキャビンは夜22時まで営業しているので、夜景を楽しむこともできちゃいます。
色鮮やかなみなとみらいの夜景を高い所から眺められるというのでは、最高の乗り物ではないかと僕は感じました。

 

ヨコハマエアキャビン 5分間の空中散歩を終えて

 

 

こうして、あっという間に5分間の空中散歩は終了。
終点の運河パーク駅が見えてきました。

運河パーク駅は、写真左に写っている横浜ワールドポーターズの2階入り口と直接つながっていて、訪れるのに便利です。

 

臨港パーク駅からすぐに到着でき、デッキに屋根も付いているので雨の日も傘をささずに行くことができます。

実際に乗ってみた感想ですが、正直5分間はあっという間でした。
もう少しゴンドラをゆっくり動かして、景色を楽しめる余裕が欲しかったです。

短い乗車時間で、片道1,000円というのは中々高い乗り物だなと思いました。
エアキャビンが批判される理由に、

  • 運賃の高さ
  • 景観を損ねる

というのが挙げられてますが、僕が思うに景観はそこまで悪くありません。
やっぱり、運賃の高さが1番の問題点ではないでしょうか?

そんなエアキャビンですが、僕は十分満喫できました。
交通機関というより、遊園地のアトラクションといった感じだったので、そういう感覚で楽しめばいいのではないでしょうか?

そうすれば、あまり料金の高さは気にならないと思いました。

 

もしこの次乗る機会があったら、夜に乗って夜景を満喫してみたいですね。
いずれこの記事で改めて紹介していきます。

 

ヨコハマエアキャビンで行ける 新港地区のおすすめスポット

 

臨港パーク駅のある横浜新港地区は、30年近くをかけて名所であふれる魅力的な土地に生まれ変わりました。

年々進化しているところが、横浜港の面白さでもありますね。

せっかくエアキャビンに乗ってここまでやってきたのですから、新港地区の方をゆっくり満喫していきたいですよね?

というわけでここからは、新港地区のおすすめスポットを4つ紹介していきます。

訪れる際に参考になっていただけたら嬉しいです!

 

新港地区おすすめスポット①  汽車道

 

 

最初に紹介するのは、汽車道と呼ばれる、かって線路だった遊歩道です。

1911年に開通した桜木町(当時の横浜駅)から新港埠頭までを結ぶ臨港線の路線跡で、当時は貨物輸送に利用されたり、新港埠頭から出港する船に乗る人を輸送するために利用されたりと、横浜港にとって欠かせない路線として機能していました。

路線自体は1986年に廃止されましたが、みなとみらいの再開発によって1997年に遊歩道として整備され、現在に至ります。

 

 

遊歩道には、臨海線時代に使用されていた線路が、今でもこのように残されていました。

 

 

遊歩道には、3つのアメリカ製のトラス橋があります。
1902年に完成したこの橋は、横浜市の指定建造物に指定されている由緒ある建造物です。

 

 

エアキャビンを汽車道から見た景色。
遊歩道には木々が美しく整備されていて、とても歩きやすかったです。

ここから見るみなとみらいの景色も中々良いものでした。

 

新港地区おすすめスポット② JICA横浜 海外移住資料館

 

 

横浜ワールドポーターズの隣にあるこちらの建物は、JICA(国際協力機構)の横浜センターのビルです。

JICAといえば、世界各国で様々なジャンルの国際協力を行う青年海外協力隊で有名な組織ですね。

 

こちらの建物の2階には、海外移住資料館という無料で入場できる博物館があります。

 

日本人の海外移民の歴史や当時の生活ぶりや、南米などに住んでいる日系移民の人々の生活や文化を貴重な資料とともに紹介している資料館です。

とても無料とは思えないほどに充実していて、思わず時間を忘れて見入ってしまいました。

ビルの中には、国際協力や開発教育に関する資料が閲覧できる図書館もあり、自由に入場することができます。
多彩なイベントや企画展も開催しているので、国際開発に興味のある方は必見の場所です。

 

新港地区おすすめスポット③  横浜ハンマーヘッド

 

 

2019年10月にオープンした、食をテーマにしたショッピングモールです。
新港埠頭と併設されていて、モールのところには多くの客船が停泊することから、客船ターミナルとしての役割も担っています。

ひろたか
ひろたか

横浜市営バスの「ピアライン」と「あかいくつ」が直接ハンマーヘッドに乗り入れているので便利です。

 

 

海側の方に行くと、近代産業遺産に指定されている「ハンマーヘッドクレーン」があります。

1914年に完成した日本で3つ(他は長崎と佐世保)しかないイギリス製のカンチレバークレーンです。
2001年に廃止されるまで、長きに渡って横浜港で活躍してきました。

現在ここは、ハンマーヘッドパークとしてイベント広場や階段状のデッキが整備され、運がよければ新港埠頭に停泊する客船を間近で見学できるようになっています。

 

 

新港埠頭の横には、MARINE & WALK YOKOHAMAという赤レンガ調のお洒落なショッピングモールがあります。

ちょっと高級志向のお店が多かったです。

 

新港地区おすすめスポット④ 横浜赤レンガ倉庫

 

 

横浜の象徴の1つでもあり、歴史的建造物に指定されている赤レンガ倉庫。

明治時代から日本の最新鋭の倉庫として長年この地で活躍しました。
しかし、70年台にかけてコンテナが台頭してきて赤レンガ倉庫の利用は縮小されていってしまい、89年には倉庫としての役目を終了してしまいます。

仮面ライダーや、あぶない刑事など、数々の名作ドラマのロケ地としても使用され、その度に倉庫に落書きがされ、一時期はかなり荒れ果ててしまいました。

そこで横浜市は国から赤レンガ倉庫を取得し、大規模な再開発工事を行い2002年、赤レンガパークとして新たに生まれ変わったのです。
現在倉庫内はショッピングモールとなり、倉庫周辺は公園として整備され、今や横浜の観光スポットとしてはトップクラスの来場者を誇るようになりました。

 

 

赤レンガパークからは、大桟橋に停泊する客船やベイブリッジが見えます。

 

まとめ

今回の記事では、横浜のみなとみらいに新たにオープンしたロープウェイのヨコハマエアキャビンと新港埠頭の見所を紹介していきました。

エアキャビンは、料金の高さとその景観の是非で今も賛否が分かれている状態ではありますが、キャビンの中から見る横浜港の景色は美しく、横浜という街の素晴らしさを実感するにふさわしい乗り物です。

 

エアキャビンでアクセスできる新港埠頭も見所が豊富で、エアキャビンの開業をきっかけにこれからますます注目されていくエリアになるでしょう。

というわけで横浜に行く機会がありましたら、ぜひエアキャビンに乗って空中散歩を楽しんでみてください。

きっと満足できますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました