(サッカーファンは必見!)サンプロアルウィンのスタジアムガイド

サッカー

こんにちは、ひろたかです。

先日、長野県松本市のサッカースタジアム、サンプロアルウィンに行ってきました。

ここはサッカーJ2リーグに所属する、松本山雅FCのホームスタジアムです。

このスタジアムの熱狂ぶりと、松本市に根付いた地域密着スタイルは、他チームからの評価も非常に高く、アウェーサポーターだけでなく、純粋なサッカーファンでも

一度行ってみたい!

と思っている方は多いのではないでしょうか。

僕もその中の一人です(笑)

この松本山雅の存在は、松本市に訪れる人の増加に確実に貢献していると言っても過言ではありません。

サンプロアルウィン?
どうやっていくの?
どんなスタジアム?

そう思った方は、是非この記事を読んでみてください。

この記事では、サンプロアルウィンの魅力について、僕なりの観点から解説させていただきます。

松本市にあるサンプロアルウィンは、信州スカイパークという公園内にあります。

山と畑に囲まれた、自然豊かなサッカー場です。

交通の便はあまり良くありませんが、サッカー専用スタジアムなので選手との距離は近くサッカーを観戦するには最適のスタジアムです。

もしこれから、アルウィンにサッカーを見に行ってみたい方、もしくはアウェーサポーターでアルヴィンに遠征してみたい方は是非この記事を参考にしてください。

松本市へ行くのであれば、名古屋方面なら特急しなの号が便利です

名古屋から長野へ行こう!特急しなの号の座席と料金を解説します

サンプロアルウィンまでの交通アクセス

JR松本駅お城口の向かい側に、アルピコプラザというショッピングモールがあり、そこにはバスターミナルが併設されています。(他都市を結ぶ高速バスもここから出発)

そのバスターミナルの9番のりばから20分おきにシャトルバスが出ています。

JR塩尻駅からもシャトルバスが運行されています。

このシャトルバスの特徴はなんと無料!!無料で乗車することが出来るのです。

スタジアムの所要時間は約30分。しかも観光バスなので、背もたれ付きでゆったりと座りながら行くことが出来ます。

また、有料の予約制バスも運行しています。

アルピコプラザの隣のアルピコプラザホテルからスタジアムへ1000円のバスに乗ってスタジアムへ向かいます。

無料バスの混雑を避けたい時には、利用する価値がありますよ。

バスの予約は、アルピコ長野トラベルのHPで受け付けています。

アルピコ長野トラベル
長野県発の国内旅行、海外旅行ならアルピコ長野トラベルへ。添乗員同行のツアーをはじめ、団体旅行、個人旅行のツアー情報・観光情報が満載です。修学旅行や社員旅行、宿泊予約や航空券予約もご相談ください。

スタジアムのバス停は、第12駐車場です。

帰りのバスもここから出発します。

帰りのバスは、車で来場する人が多い為、渋滞が必然的に発生します。

この渋滞のおかげで、30分かかる松本駅までの道が、1時間以上かかってしまう場合があります。

特に、14時、15時キックオフの試合は注意してください。

夕方の渋滞と重なるので、全くバスが動きません。

スケジュールには余裕を持って行きましょう。

サンプロアルウィンがある信州スカイパーク

こちらが、信州スカイパークです。

シャトルバスを降りると、このような美しい光景が迎えてくれます。

信州スカイパークとは、信州まつもと空港を囲むようにあるスポーツ施設を中心とした運動公園です。

サンプロアルウィンだけでなく、

  • プール
  • やまびこドーム(イベント施設)
  • 陸上競技場

と施設の数も充実。

まつもと空港から飛ぶ飛行機の離着陸を見れる展望台もあります。

試合前に芝生でリラックスしながら過ごすのもおすすめですよ。

サンプロアルウィンの外観

こちらが、サンプロアルウィンのバックスタンドの外観です。

プロ野球埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドームと同じで、地面を掘り下げて作られた形のスタジアムです。

ちなみに、サンプロとは塩尻市に本社をおく不動産会社の名前です。

アルウィンとは、アルプス(スタジアムから見えます)とウィンド(風)を合わせた造語です。

サンプロアルウィンのバックスタンド

メインスタンドからの撮影です。

やっぱりピッチまでの距離が近いですね。

そしてこのスタジアム、ちょっと独特な照明設備をしています。

これは、スタジアムの隣にあるまつもと空港が大きく関係しています。

スタジアムのある場所は、何と滑走路の先端部分。

当然、便数は少ないですが、飛行機の離着陸があります。

安全のために高い建物を立てることが出来ないので、上記のような照明が付けられたのです。

掘り込み式の建設様式になったのも、飛行機の侵入に配慮したためです。

サンプロアルウィンのメインスタンド

こちらがメインスタンドです。

結構傾斜が急なので、通路にある手すりが長く作られています。

カップホルダーは僕が調べた限りではありませんでした。

椅子の座り心地は結構良い方なのではないでしょうか。

ただ、冬場の試合は非常に冷え込みます。山が近いので、街中より冷えるかも。

厚手の上着やカイロなど、防寒対策を完璧にしましょう!

もし寒さが苦手なら、夏に行く方がいいです。

バックスタンドの裏手に見える山々は雄大で美しく、長野にきたなという実感がこみ上げてきます。

サンプロアルウィンのアウェー側サイドスタンド

こちらはアウェーサポーターの陣取るサイドスタンドです。

アウェー席は、メインスタンド方面の席です。

バックスタンド方面の席は、ホームの松本山雅サポーターの席になります。

上段の方は立ち見席になっています。いかにも応援で盛り上がるために設計された感じがしますね。

席は、背もたれのないベンチ型の簡素なシートになっています。

サンプロアルウィンホーム側サイドスタンド

ホームの松本山雅サポーターが陣取るサイドスタンドです。

たいていのスタジアムは、アウェー側に電光掲示板があるのですが、このスタジアムはホーム側にあります。

時計等を確認する際は、少し首をひねらなければならないのが難点です。

注目は、一際目立つ巨大な横断幕です。

雷鳥は頂を目指す

松本山雅のゲームで必ず見かける横断幕です。

長野県の県鳥にも指定されていることから使われています。

松本山雅のマスコット、ガンズくんは雷鳥がモチーフになっています。

雷鳥は、英語で「Rock ptarmigan」といいます。
そのため松本山雅の愛称は、ターミガンズと言われています。

熱狂的松本山雅サポーターがここに陣取ります。

熱く応援するなら、この席がおすすめです。

サンプロアルウィンおすすめのお店 喫茶山雅

色々なお店が出店していますが、中でもおすすめは、

こちらの、喫茶山雅です!

1965年に前身の山雅サッカークラブが松本市に創設。

以降北信越リーグを経てJFL、J2リーグ、J1リーグとここ10年近くで急成長を遂げました。

「山雅」というチーム名は、当時の山雅サッカークラブの選手が出入りしていた松本駅近くの喫茶店「喫茶山雅」から名付けられたものです。

喫茶店の名前がチーム名になるなんて、世界的に見てもなかなか珍しいクラブですね。

名前のきっかけとなった喫茶山雅は、閉店してしまいましたが、2017年にクラブの直営店として復活。

そういうわけで、スタジアムにも支店があります。

メニューは、コーヒーやカフェオレ、ホットぶどうと言った定番の物に加えて、アルコール類やカレー、弁当、フランクフルトと言ったフードもあります。

僕は、カフェオレを注文しました。

この日は11月、寒い日には暖かい飲み物が身に染みます。

苦味とミルクの味がうまくマッチして、とても美味しく頂きました。

カップの所に書いてあるのが、先述したガンズくんです。

喫茶山雅の場所はこちら

松本城や中町商店街の近くにあります。営業時間等はこちらを確認

喫茶山雅
「喫茶山雅」とは 1965年JR松本駅前に「純喫茶山雅」が開店。そして同年、喫茶店の常連客だった国体サッカー長…

サンプロアルウィン おまけ

大迫力の旅客機離陸

スタジアムの隣は、まつもと空港。

15時キックオフの試合なら、松本発福岡行きのFDAの離陸を試合中に見ることが出来ます。

メインスタンドからはこんな感じで見れます。

サッカースタジアムでこういった光景が見れるのは珍しいです。

スタジアム裏コンコース

メインスタンドのコンコースです。

少し狭いかな?まあ他の地方のスタジアムもこんな感じなので、個人的に不満はあまりないです。

ちなみにトイレは綺麗。洋式便器も充実していました。

スタジアムの入場ゲートの前にも、トイレはあります。

ちなみに、公園内にもいくつかトイレがあるので便利です。

まとめ

この日の試合は、松本山雅が勝利を納めました。

試合後、サポーターが勝利を喜び合う姿は微笑ましく、家族のような一体感を感じて暖かい気持ちになりました。

今や松本市民にとって、松本山雅は生活に欠かせぬ存在になっています。

松本城などの観光地に行くのもいいですが、サッカーに少しでも興味があったら是非一度サンプロアルウィンを訪れてみてください。

このスタジアムの雰囲気は一見の価値ありです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

松本山雅FC
松本山雅FC公式ホームページ|長野県松本市を本拠地とするサッカークラブ
タイトルとURLをコピーしました