那覇空港で暇を潰せる場所を教えます【カードラウンジもありました】

国内旅行

沖縄の那覇空港で搭乗まで時間があるんだけど、暇を潰せる場所ってあるかな?

今度沖縄に旅行に行くんだけど、那覇空港ってどんな感じの空港?

この記事では、こういった疑問に答えていきます。

沖縄本当の玄関口である那覇空港。
那覇空港は、レストランやお土産店がこれでもか!というくらい豊富にあって、カードラウンジや展望台といった飛行機を見学できる場所もあるので、長く滞在して十分に暇を潰せる空港です。

この記事では、そんな那覇空港で暇をつぶすことができる場所を紹介していきます。

空港のカウンターやロビーなどの空港施設の様子も紹介するので、これから沖縄へ旅行に行きたい方は、是非参考にしてみてください!

 

 

沖縄那覇空港 交通アクセス

那覇空港は那覇市内の中心部に近く、簡単にアクセスができます。

中でも、那覇市中心部を通って首里や浦添までを結ぶゆいレールは大変便利。

那覇市中心部の県庁前駅から約13分、国際通り近くの牧志駅から約20分、首里駅からは約30分で那覇空港駅に到着します。

那覇空港駅から空港ターミナルまでは、専用デッキを通って行けばターミナルの2Fにアクセスができるので、迷うことはありません。

 

バスのアクセスも充実。

空港発のバスは、全て到着口の出口を出た目の前にあります。

空港から、直接美ら海水族館のある本部町にアクセスすることも可能で、上記の那覇バスが運行する117番の高速バスに乗れば、2時間ほどで美ら海水族館に行けます。

ひろたか
ひろたか

上記のバスで、沖縄市(コザ)や名護市にも行くことができますよ!

那覇空港からは、これ以外にも多くの路線バスが運行していて、沖縄本島の各市町村を結んでいます。

  • 具志川
  • 石川
  • 宜野湾
  • 普天間
  • イオンモール沖縄ライカム
  • 豊海城
  • 浦添
  • 北谷

等、沖縄の中部や南部、東部もカバーしているので、大変便利です。

 

沖縄那覇空港 チェックインカウンター

 

ここからは、那覇空港のターミナル内を見ていきましょう。
まずはこちら、那覇空港の国内線チェックインカウンターです。

国内線と国際線、チェックインカウンターは全てターミナルの3階にあります。
ゆいレールまたはバスで到着したら、エスカレーターや又はエレベーターで3階まで上がってください。

上の写真は、ターミナルの真ん中あたりです。

各航空会社のカウンターの場所は

  • 南側がJAL(日本トランスオーシャン航空)とジェットスター
  • 真ん中がANAとソラシドエア、スターフライヤー
  • 北側がANAとスカイマーク、peach

となっています。

案内板が分かりやすかったので、間違えることは無いでしょう。

 

沖縄那覇空港 制限エリアから到着口まで

 

飛行機に乗る時、降りる時に通過する出発待合室です。

内装が鮮やかで、じゅうたんも綺麗で海外の空港にいるみたいな雰囲気でした。
南国の空港らしく、植え込みもあちらこちらに置いてありましたね。

飛行機を降りたら、この待合室を通って1階に降りて、手荷物受け取り場に行きます。

 

ベルトコンベアの上にも、ハイビスカスやシーザーが置かれていて、沖縄らしさが演出されてました。

那覇空港は比較的国内線ターミナルの大きい空港なので、レーンの数は6つと多めでした。
ここで荷物を受け取ったら、外に出て行き先に合わせてバスターミナル、又は2Fのゆいレールの駅に行きましょう。

那覇空港1階フロアには、バス会社の案内所や沖縄観光の案内所が設置されています。

バスの案内所では、バスの時刻表を知れたり、沖縄の路線バスで利用できるお得な乗車券を購入することが可能です。

観光案内所ではツアーやアクティビティーの予約ができたり、美ら海水族館の割引入場券が購入できるので美ら海水族館に行く際は必ず購入しましょう。

ひろたか
ひろたか

1階フロアには、美ら海水族館からやってきた魚達が泳ぐ水槽があるので、必見です。

 

沖縄那覇空港 レストラン街とお土産売り場

 

那覇空港は、巨大空港だけあってレストランの数が豊富にあります。

こちらの写真の吹き抜けの広場は、ふくぎホールというショッピング・レストラン街です。

ホール周辺には、沖縄そばやチャンプルーを食べることができるフードコート形式のお店が数件あります。

ふくぎホールから南側の方に向かうと、バラエティに飛んだレストラン街があり、沖縄名物のステーキレストラン「ステーキハウス88」や、沖縄にしかないファーストフードのお店「A&W」も出店していました。

他にもスタバやタリーズなどのカフェや、ファミリーレストランや寿司や中華など、お店は豊富にあるので待ち時間を潰すには最高の環境です。

 

那覇空港では、外に出て飛行機を見学できる展望デッキも設置されてますが、ふくぎホール4Fからもこのようにガラス越しに飛行機を見学できます。

暑くて外に出たくない時や、天候が悪い時でもここから飛行機の駐機風景を見学できておすすめです。
ここには座って飛行機を見れるベンチがあり、空港内はほぼ全域で無料Wi-Fiが使用できることから、飛行機を見ながらスマホを動かして時間を潰すこともできます。

 

 

日本でもトップクラスの乗降客数を誇る那覇空港だけあって、お土産店の数は国内線エリアだけでも30件近く営業しています。

旅行中に買い忘れたお土産があっても、ほぼ全て空港のお土産店でカバーできてしまうのです。

これだけのお店があれば、出発前とか乗り継ぎの待ち時間を十分過ぎるくらいに埋めることができますね。

  • 紅芋タルト
  • サーターアンダギー
  • ちんすこう
  • マンゴー
  • 海ぶどう

など、買えないものはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

沖縄那覇空港 カードラウンジ ラウンジ華〜hana〜

 

那覇空港のラウンジは、到着ロビーのある1Fにあります。

ラウンジ華〜hana〜というこちらのラウンジは、エクセル航空という離島を結ぶ航空会社のカウンターの横にあり、初めて訪れた人には少しわかりにくいところにあるので注意してください。

このラウンジに入ることのできるカードは、

  • JCB
  • VISA
  • American express
  • 楽天カード
  • エムアイカード
  • オリコカード

等の、国内の主要カード会社のゴールドカードと一緒に、当日の搭乗券を受付で見せれば無料で入場できます。

以前このブログでも紹介した静岡空港、熊本空港、大阪伊丹空港のカードラウンジと使えるカードはほぼ同じです。

ひろたか
ひろたか

カード会社によっては使えないカードもありますので要注意です。

大阪伊丹空港の新しい施設を調査しました【カードラウンジ の詳細も公開】

改装工事で仮設ターミナルでの営業!阿蘇くまもと空港は使いやすい?

【無料でお茶が楽しめる】静岡空港のカードラウンジと空港施設を紹介します

無料で入場できるゴールドカードを持ってなくても、入場料1,320円と当日の航空券を受付で見せれば入場できます。

ラウンジ内にはシャワールームもあって、1回880円で利用可能となってます。(19時まで)

営業時間は8:00から20:00となっています。

ラウンジ内はこんな感じになっています。

熊本空港や静岡空港のラウンジよりは広い感じでしたが、正直乗客数の多い那覇空港のラウンジにしては狭いのでは?と個人的には思いましたね。

乗り継ぎの方も含まれているのかと思いますが、この日のラウンジはそこそこ混んでいました。

 

それでは、ドリンクコーナーを見ていきましょう。

このラウンジでは、アルコールの提供はありません。
ドリンクの提供は、全てソフトドリンクになります。

定番のドリンクの他に、トマトジュースと沖縄らしくマンゴージュースが用意されていました。

 

コーヒーマシーンは2台あります。

右側のコーヒーマシンは、上から順に日本語、英語、中国語、韓国語と同じコーヒーが4言語に分かれていました。

左側のコーヒーマシンでは、カフェラテやカフェモカ、ココアを注ぐことができるようになってます。
画面をプッシュしてコーヒーを選択するこの機械、他の空港のラウンジでもあったのを覚えています。

どこの空港のラウンジでも、このコーヒーマシンは重宝されているんだなーと実感しました。

 

ドリンクを用意したら、早速椅子に座ってみましょう。

まずは革張りの椅子です。
柔らかい素材で、背もたれにクッションが付いていたので腰に負担がかからず、リラックスして座れました。

コンセントも各椅子に1つずつ設置されていて、スマホなどの充電も可能です。

 

 

ラウンジ内で、仕事をしたり勉強をしたい時のデスクも用意されています。

こちらの椅子も革張りで座り心地は抜群でした。
作業をするお客さんに配慮して、デスクライトもあるので利用価値大です。

もちろんコンセントも付いているので、作業環境はバッチリと言えます。

決して広いラウンジではありませんが、Wi-Fiも問題無く使用できるので、のんびり座りながら出発時間まで過ごすには全く問題の無いラウンジでした。

ただし、ラウンジは1階、保安検査場は2階にあるのでうっかりのんびりしすぎると搭乗時間に遅れてしまう可能性も無きにしもあらずなので、出発の案内板には常に注意を払っておきましょう!

 

まとめ

今回は、沖縄の空の玄関口である那覇空港で暇をつぶせる場所について色々紹介していきました。

旅客数が日本でも5本の指に入る那覇空港は、それに答えるための様々な施設があります。
那覇空港には、

  1. 国内線エリアだけで30件近くあるお土産売り場
  2. 沖縄料理から定番の食事まで、幅広い味を楽しめるレストラン
  3. 屋外デッキだけで無く、室内のガラス越しからでも飛行機が見れる展望台
  4. ゴールドカードがあれば無料で入れるカードラウンジ 
  5. 空港ターミナル全域でWi-Fiが繋がっている

というように、時間をつぶすには十分すぎるくらいの設備がある空港です。

離島から乗り継ぎの際も楽しめる空港なので、沖縄に旅行の際はぜひ那覇空港を有効に活用してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました