【お得な料金が満載】ソラシドエアの快適性を独自にレビューしました

航空機

いつもANAとかJALに乗っているんだけど、たまには違う航空会社に乗ってみたい。

ソラシドエアって航空会社があるんだけど、これ大手の会社と何が違うの?

今回の記事では、こんな思いを持っている方々の疑問に答えていきます。

今回紹介する航空会社はソラシドエア。

ソラシドエアは

  • 東京羽田
  • 名古屋中部
  • 神戸

を中心に九州各地や沖縄を結ぶ航空会社で、料金も安くサービスの快適性も大手航空会社と引けを取らない充実ぶりです。

今回の記事では、そんなソラシドエアの乗り心地やサービスについて、

・過去に25か国を訪問
・過去に国内14ヶ所の空港を訪れた

私、松井ひろたかがレビューしていきます。

この記事を読めば、ソラシドエアの魅力が十分に理解できるので、まだ利用したことが無い方はこの機会に参考にしてみてください!

 

 

ソラシドエアの簡単な歴史

 

 

黄色と白色が特徴的なソラシドエアは、宮崎県の宮崎市に本社を置く国内線専門の航空会社です。

2002年にエアドゥとスカイマークの後を追うように開業した新規航空会社の一つで、東京の羽田空港発の九州行き路線(長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)に特価した路線を運行しています。

途中、経営難に陥るなど何度かピンチはありましたが、それを乗り越え路線を拡大し続け、2013年には神戸〜那覇線が、2015年には名古屋〜那覇、那覇〜石垣間での運行も始まりました。

そして2021年には、待望の羽田〜那覇便が登場し、順調に成長を続けている航空会社です。

経営難に陥っていた頃にANAと業務提携を結んでいた関係から、全ての路線はANAの共同運行便となっています。

ただし、ソラシドで運行する便では、ANAのマイレージを貯めることはできません。

 

機材がANAのソラシド運行だったら、マイレージを加算することは可能です。
割引運賃の価格や、機材やサービスの快適性も評価が高く、九州沖縄へ安く飛行機で移動したいならおすすめの航空会社と言えます。

ソラシドエア 航空券の予約方法

 

 

航空券の予約は、ソラシドエアのHP上で簡単にできます。
ここでは、ソラシドスマイルクラブの会員で無い方がどのように購入すればいいのかを解説します。

ソラシドスマイルクラブとは、会員登録制のソラシド独自のマイルを貯めて、特典航空券に変えることができるサービスです。

まずソラシドのHPにアクセスしたら、空席照会・予約をクリックして、

  • 片道か往復を選択
  • 出発地と到着先を選択
  • 搭乗予定日を入力

して検索して、おすすめ運賃(安い価格の運賃)と通常運賃から購入したい運賃のチケットを選択しましょう。

ひろたか
ひろたか

料金が記載されたところに「すべての運賃を見る」とありますのでそこをクリックすれば、割引運賃や年齢割引など、全ての料金設定を確認できます。

便が決まったら、下の方に「一般の方」の方をクリックして、名前や年齢、メールアドレスなどの個人情報を入力しましょう。

その次は、支払い方法を選択をします。
スカイマークやスターフライヤーの時のように、コンビニ決済でも支払いは可能です。

支払い完了後、指定されたメールアドレスに払込番号が送られてくるので、それを期日(購入から3日以内)までに指定したコンビニで払い込み番号を店員に見せて料金を支払えば、チケット購入は完了します。

そして予約完了と同時に座席指定をすることも可能で、メールに記載されている座席指定のURLをクリックすれば、自分が座りたい席を自由に選ぶことができるので、座りたい位置があるなら事前に確保しておきましょう。

ひろたか
ひろたか

変更、キャンセルも同じURLで簡単にできます。

スターフライヤーの乗り心地やサービスってどんな感じか実際乗ってみました

【航空券も安い】定時運行率の高いスカイマークの搭乗レビューです

ソラシドエア お得なバーゲンセール

バーゲンセールとは、ソラシドエアが展開している早割予約で安く航空券を購入できる料金体系のことです。

  1. 75日前
  2. 60日前
  3. 35日前
  4. 28日前
  5. 14日前

の5種類があり、出発日の最大2ヶ月半前から購入すれば、この料金体系が適応されます。

早く予定が決まって早く購入すれば、それだけで料金が安くなる仕組みです。

色々と調べてみましたが、バーゲン14日前になると料金が一気に高くなる傾向があるので、なるべく28日前までに購入することをおすすめします。

ひろたか
ひろたか

参考までに羽田〜宮崎便の場合、バーゲン28が12,390円、バーゲン14が17,090円と5,000円くらい差がある便もありました。

夏休みや年末年始といったピークシーズンは少し価格が高騰してしまいますが、その時期を外したオフシーズンだったらかなり安い金額で購入できるので狙い目です。

今回僕は、12月中旬の名古屋中部発那覇行きの航空券を購入。

バーゲン28で購入してなんと片道5,680円という破格の安さで予約ができました!!

1度購入すると予約変更はできませんが、オフシーズンであればかなり安い金額で買えるので狙い目と言えます。

ソラシドエア  空港でのチェックイン方法

 

 

今回は例として、中部国際空港発那覇行きを利用する際のチェックインの方法を教えていきましょう。

ソラシドエアは、ANAと業務提携を結んでいるので、チェックインカウンターはANAのカウンターを使用しています。
なので、チェックインの際はANAのカウンターに向かいましょう。

カウンターに行ったら、ソラシドから届いたメールに記載してある予約番号と確認番号をグラウンドスタッフに見せて、搭乗券を発行してもらいます。

僕のように、確認番号がメールで来ない場合もあります。
その場合は指定の書類に個人情報を書いて、情報が一致したら搭乗券を発行してもらえるというシステムです。
その後、チェックインカウンターの隣で預ける荷物を検査してもらい、カウンターで預けることができたら全ての手続きが完了、保安検査場を通って指定された搭乗ゲートに向かいましょう。
ソラシドエアでは、機内持ち込み荷物の重量は10キロ以内、55✖︎40✖︎25cm以内。
受託手荷物は20キロまで無料となっています。それ以上になると超過料金が発生します。
(重さの上限は総重量100キロ、1つあたり32キロとなっています)
搭乗開始15分前には飛行機が出発しますので、時間に余裕を持って保安検査場を通過してください。

ソラシドエア 機内の紹介

 

さてここからは、ソラシドエアの機材や機内の様子について紹介していきます。
今回は、名古屋のセントレア発那覇行きに搭乗しました。
ソラシドの機材は全ての便がB737です。
ほとんどのソラシドの飛行機は東京羽田空港からの発着ですが、名古屋のセントレアからも那覇、宮崎行きの飛行機が1往復だけ運行されています。
セントレアではピーチやスカイマーク、日本トランスオーシャン航空、ジェットスターが同時にセントレアから飛んでいるので競争は厳しいですが、料金が安いので旅行者の需要は高いです。

ソラシドエア 座席の紹介

 

 

こちらが、ソラシドエアの座席です。

B737の座席は、以前紹介したスカイマークと同様に、3×3列のシートとなっています。

ソラシドの座席は、会社のカラーである黄色を基調としたデザインです。

座席のシートには、鮮やかな花のような黄色い模様がついてました。
本社のある南国の宮崎を彷彿とさせる座席ですね。

フライト中にリラックスできるように、シートのカバーにはレザー素材を使用しています。

 

ソラシドエア 座席の足元

 

 

席についたら、足元の広さを見ていきましょう。

前との座席の間隔は、大体拳3個半といって良いでしょうか。
かなり前との席との間隔が広くて余裕がありました。

フライトの間でも足を真っ直ぐ伸ばせるほど抜群に広かったです。

座席の前には、安全のしおりと機内サービスの案内がささっていたので、離陸前に確認しておきましょう。

 

 

テーブルはこちらになります。
短い時間の路線ばかりの為、モニターは付いておらず、普通のテーブルが付いているだけでした。

 

ソラシドエア  機内サービスの紹介

 

 

続いて、機内サービスを見ていきましょう。
ドリンクサービスの内容は、座席の前にある機内サービスの案内をみてください。

ソラシドエアで提供しているドリンクは、計4種類と多くはないですが、

  • お茶
  • ジュース
  • コーヒー

というように全ての年代が満足できる種類を提供しています。

 

 

今回僕は、ソラシドエアで独自に提供しているホットドリンクのアゴユズスープを注文してみました。

 

アゴユズの「アゴ」とは、九州北部の海から日本海に生息しているトビウオで、スープで使用しているアゴは長崎県近海で採れたのを使用しています。

 

ひろたか
ひろたか

「顎が落ちるほど美味しい」という意味で、九州地方ではトビウオのことを「アゴ」と呼んでいます。

この長崎県産のアゴの出汁に、大分県産のユズを風味を混ぜて、「アゴユズスープ」と命名されました。

ちなみに大分と長崎、いずれもソラシドエアの就航地になっています。

 

味は臭みも無く上品な味で、匂いをかいでみたらゆずの風味がフワッと鼻の中に入ってきました。
いざ飲んでみると、ゆずの酸っぱい味とアゴの魚介の味がうまく混ざり、不思議で上品な味になっています。

独特な風味なので好き嫌いは分かれるかもですが、飲んだらなんだか気持ちが落ち着いてきてホッとする気分になれました。

飛行機が苦手で不安になっている人がこれを飲むと、たちまち一気に気持ちを落ち着かせることができるんじゃないかと思う味です。

 

このアゴユズスープ実はちょっとした裏話があって、最初の段階ではアゴ出汁だけでゆずは入っていませんでした。

ある日スープを試飲したとあるソラシドの従業員の家族(大分県出身)の人が、

 

ゆずを入れたら美味しくなるんじゃない?

という何気ない一言によってゆずが加えられ完成したという逸話が残っています。

よくこのような発想が生まれたなあと、思わず感心してしまいましたね。

 

アゴユズスープは、機内でも1,000円で購入可能です。

スティック式の粉末状のスープで、おにぎりなどご飯に合わせて食べると美味しく食べられるそうです。

色々と試してみましょう。

ソラシドエア機内サービス 機内情報誌

 

 

ソラシドエアで発行されている無料の機内情報誌、「ソラタネ」です。

ソラタネでは、主にソラシドエアが就航している街にあるおすすめグルメや見所を紹介しています。
また、就航先のイベント情報も掲載されていて、チェックしておいて損はありません。

ちなみにこちらの雑誌は、席のところには置いていないので要注意です。

飛行機の出入口付近のラックに置いてあるので、もし読んでみたいなと思ったらCAさんに読みたいことを告げれば、もらうことができます。

 

ソラシドエア フライトを振り返って

 

 

名古屋を飛び立って約2時間後、ソラシドエアは那覇空港に到着します。
振り返れば、12月のお盆休みの前ということもあったのでしょうか、機内の搭乗率はおよそ2割〜3割くらいと非常に寂しいフライトでした。

僕は予め座席の位置は予約していましたが、

  • 空席が多く席に余裕がある場合
  • 空席が多く、自身が指定した席の隣に人がいる場合

こういう場合は、出発前にCAさんが声を掛けてくれて、空いているスペースに移動することができたりします。

ひろたか
ひろたか

この日はかなりの余裕があったので、誰も座っていない席に移動することができました。

1人で利用する際にはかなり得した気分になれます。

また、子連れのお客さんに関してもトイレに近い後ろ側の席に移動できたりするなど、そうした配慮にすぐに対処してくれるので、とてもありがたいです。

CAさんの声かけの対応も素晴らしく、安心してフライトを楽しむことができますよ。

 

まとめ

ということで今回は、九州沖縄を中心に就航している国内線専門の航空会社、ソラシドエアのサービスや機材、航空券の予約方法などあらゆる部分を簡単ではありますが紹介してきました。

航空券の予約もHPで簡単で気軽に購入でき、またお手頃な値段で飛行機に乗れるので予算をなるべく抑えて九州、沖縄へ行きたい方にはおすすめの航空会社です。

機内サービスで、アゴユズスープという魚介のスープがサービスされるので、それを飲むだけでも搭乗する価値はあります。
このような航空会社は、世界的にも珍しい航空会社なのではないでしょうか?

とにかく、ソラシドエアは安い価格以上に快適なフライトを提供してくれるので、九州、沖縄へ旅行の際はぜひ利用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました