【見所を知りたい!】沖縄美ら海水族館の有料ゾーンをエリアごとに紹介

国内旅行

今や沖縄で名実とともにNO1の観光地となった沖縄美ら海水族館。

広大な沖縄海洋博公園の中にある美ら海水族館は、ジンベエザメやマンタをはじめ、沖縄の海に暮らす様々な水中の生き物を見ながら、その生態を深く勉強することもできるとても素晴らしい水族館なのです。

美ら海水族館は、ジンベエザメなどを見れる室内の有料エリアと、公園内にあって誰でも見学することができる無料エリアの2つがあります。

美ら海水族館って那覇から遠い感じなんだけど、行くのが大変じゃない?

人気のある水族館とは聞くけど、実際のところ何が人気なの?

この記事ではこういった声に答えていきます。

今回の記事では、沖縄美ら海水族館の有料ゾーンに関して、詳しく紹介していきます。

今まで美ら海水族館のことを知らなかった人も、この記事を読んでいただいて知っていただけたら嬉しいです!

それでは、紹介していきましょう!

 

沖縄美ら海水族館とはどんなところ?

 

 

沖縄本島の北部、国頭郡本部町にある美ら海水族館は、1975年に開催された沖縄海洋博会場の跡地の国営沖縄海洋博公園の跡地にある水族館です。

その前身は、海洋博のパビリオンとして使用された施設を4年ほどかけて改装してオープンさせた、「国営沖縄海洋博記念公園水族館」です。

当時の世界最大級の水槽だった1,100tの水量を誇る「黒潮の海」を中心に人気を得ていた水族館でしたが、施設に老朽化が生じ、2002年に大規模なリニューアル工事が行われました。

こうして新たにリニューアルして2002年の11月に完成したのが、現在の沖縄美ら海水族館です。

ひろたか
ひろたか

美ら海とは、沖縄方言で「清らしい海」という意味です。

名物である黒潮の海の水量は、リニューアルによって7500㎥の水量になり、名実ともに当時世界最大級の水槽になりました。
その広大な水槽で泳ぐ生き物達が話題となり、
今や美ら海水族館は沖縄で1番人気のある観光地となったのです。

また沖縄の水族館ということで、沖縄のサンゴ礁や海の生き物の生態について知ることもできます。

とにかく見所がたくさんある水族館なので、説明が長い記事になるかもしれませんがご容赦ください!

そんなわけで、美ら海水族館について解説していきましょう。

 

沖縄美ら海水族館 入場料金と入場について

 

 

美ら海水族館は全部で4階建ての建物。
バスを降りて公園の入り口から水族館に向かって歩いていくと、このようなジンベエザメのモニュメントが歓迎してくれます。

ここからエスカレーターを降りて3階に降りた所が、美ら海水族館の入口です。

 

 

チケット売り場は、入口を入ったところにあります。
営業時間は、8時30分〜18時まで(10月〜2月)
3月から9月の夏の時期にかけては、夜20時までの営業です。(最終入場は19時)

通常の入場料はこちら。

大人 1,880円
高校生 1,250円
小中学生 620円

通常のチケットの他に、16時以降から入場できて少しお得なチケットもあります。

大人 1,310円
高校生 870円
小中学生 430円

ちなみに、沖縄県のファミリーマートや、道の駅で通常料金より安く購入できます。
ファミリーマートで購入すれば、通常より200円ほど安くなるのでお得ですよ。

チケットは使用したその日なら、何回でも入場することができます。
出口のところで、スタッフに証明のスタンプを押してもらい、入口でそのチケットを見せればOKです。

沖縄美ら海水族館 有料エリアの見所

 

 

ここからは、美ら海水族館の有料エリアを紹介していきましょう。
有料エリアは1階から3階までの3フロア。

各フロアごとにテーマが決まっていて、それに合わせた生き物達が見れます。
ここでは、入口から入って出口まで向かうまでに、どのような流れで見ていくのかをエリアごと解説していきます。

美ら海水族館に行った気分で読んでくださったら、こちらもありがたいです。

それでは、3階のフロアからいきましょう!

沖縄美ら海水族館 イノーに生きる生き物と熱帯の魚

 

 

入口から入って最初に飛び込んでくるのは、沖縄のイノーに住む生き物達です。

ひろたか
ひろたか

イノーとは、「サンゴ礁に囲まれた浅い海」という意味です。

そこには巨大なヒトデやナマコがいて、直接タッチすることもできるようになっています。(2021年現在は休止中)

一見大きくてびっくりすると思いますが、危害を加えたりすることは一切ないので、子供でも触れることができるので安心です。

 

その隣には、沖縄のサンゴ礁の海が巨大な水槽に展示されています。

 

近くで見ると、光が差し込んで美しい姿を見せてくれます。
サンゴ礁の生態などに関する説明も水槽の前に置かれているので、今まで知らなかったサンゴ礁の秘密を学ぶこともできますよ。

 

 

サンゴ礁の水槽の隣には、沖縄の海域に住んでいる魚達が住む水槽があります。
色とりどりの魚達の泳ぎが躍動感にあふれていて、迫力満点でした。

 

沖縄美ら海水族館 海の危険生物の紹介

 

ここでは、沖縄の海に生息する危険な生物の紹介をしています。
沖縄の海にはこんなヤバい生物がいるんだよー、という啓発の意味も込めての展示なのかもしれませんね。

ここでは、オニヒトデやイソギンチャクなど、触手や体に毒を持つ生き物を主に紹介してます。
海で見かけたら決して近づいてはいけない理由と、触れてはいけない箇所を電飾を使用して示すなど、わかりやすいスタイルで紹介していました。

 

 

そんな数かる危険動物で最も身近にいて怖いのが、こちらのハブクラゲです。
沖縄の毒蛇の名前からきているこのクラゲ、名前を聞くだけで怖そうな気になりますよね?

これはその通りで、ハブクラゲは「日本で最も危険なクラゲ」として恐れられているのです。

長い触手には強い毒があり、触手に触ってしまうとミミズ腫れを起こし、酷い時には呼吸困難を起こしてしまうという怖い生物。
そのため、海水浴場の沖にはハブクラゲよけのネットがあります。

このネットが無い海では泳がないようにという注意勧告もされているくらい、沖縄では恐れられている存在なんですね。

ひろたか
ひろたか

刺された時の応急処置のやり方も紹介しているので、とても勉強になります。

 

沖縄美ら海水族館  サンゴ礁に住む生き物

 

 

サンゴ礁の海に生息する生き物を、大小30個の水槽で展示しています。
浅瀬に住む小さな生き物や、サンゴ礁の周りを泳ぐ小さく美しい魚は、見ていて飽きることがありません。

水槽には、チンアナゴもいました。
可愛くて、ずっと見ていても飽きませんね。

 

沖縄美ら海水族館  黒潮の海

 

美ら海水族館の1番の見所であり、象徴でもある「黒潮の海」です。

この部屋に入った瞬間、あまりに巨大な水槽に度肝を抜かれることでしょう。
世界的にもトップクラスのサイズのこの水槽、中でも使用しているアクリルパネルは高さ8.2m、総重量135トンもある巨大なものです。

世界最大の海流である黒潮に暮らす多種多様な魚が泳いでいますが、なんと言ってもここでの注目は、

  • ジンベエザメ
  • ナンヨウマンタ
  • オニイトマキエイ
  • ヒメイトマキエイ

でしょう。
ジンベエザメは世界で初めて長期飼育に成功し、ナンヨウマンタは世界で唯一繁殖に成功したことでも有名です。

イトマキエイの生態展示を初めて行ったのも、この美ら海水族館でした。

美ら海水族館がもたらした多大な功績を、この場所で味わうことができます。

 

正面から見た水槽

 

 

水槽を正面から見るとこんな感じです。
水槽というより、映像を見ているかのように美しい景色でした。

暗い場内に、青白い水槽の色が幻想的に光って綺麗です。

 

時々、飼育員のダイバーが水槽に潜って、このようにアクリルガラスを綺麗に拭いています。

美ら海水族館全体に言えることですが、水槽の手入れがしっかりしているのでしょうか、魚の体が綺麗に、躍動感があるように見えました。

詳しくはわかりませんが、そのことにかなりのこだわりを持ってそうだなと感じましたね。

いつも綺麗で迫力のある魚達が見れるのは、こうした影の努力によるものだなとつくづく感じます。

 

水槽の前にはこのようにテラスがあります。
テラスの下には、カフェが営業していました。

コーヒーを飲みながら、ゆっくり水槽を眺めるのも中々良いものではないでしょうか。

 

 

テラスには、自由に腰掛けることができる椅子席もありました。
まるで映画を見るような感覚で、水槽にいる魚達を見ることができて良いです。

 

被り付きで見た水槽

 

今度は間近で水槽を見てみましょう。
こちらが、美ら海水族館の顔と言えるジンベエザメです。

世界大最大の魚類と言われ、体長は10mほど。
群を作らないので、いつどこに現れるかわからない生き物として知られ、生態はまだ不明の部分が多い生き物ですが、美ら海水族館では1995年から長期飼育に成功。

新たな発見のために日々研究がされています。

 

ジンベエザメは、基本は水槽の中をぐるぐる回るだけです。
写真は上から見た様子。

間近で泳ぐジンベエザメは迫力満点です。

 

こちらはエイです。
時々、このようにガラスに張り付いて愛嬌のある顔を見せてくれます。

 

こちらは世界最大級のマンタと言われる、オニイトマキエイです。

 

体を広げながら水槽をかなりのスピードで泳ぐその姿は、まるでジェット機のようでした。

アクアルームから眺める水槽

 

 

水槽を正面から見て左のところには、「アクアルーム」というスペースがあり、生き物を真上から鑑賞することができるスペースになっています。

 

 

このように、ジンベエザメやマンタが真下を通っていく姿を観察できます。

 

 

サメ達には、アクアルームの天井部分は格好の休憩スポットなのでしょう。
一度に4匹のサメが寄り添っていました。

こんな光景を見れるのも、この水槽ならではです。

黒潮の海の餌やりタイム

 

この水槽での1番の見所は、昼間の餌やりの時間ではないでしょうか。

飼育員によって餌が与えられると、ジンベエザメは写真のように身体を縦にして餌を食べます。
水槽が大きいのは、ジンベエザメが餌を食べやすいように考えて造られたからなんです。

ジンベエザメが餌を食べたその瞬間、魚達が一斉にジンベエザメの真横を取り囲んでいきました。

 

ジンベエザメは、自分の体に不要な餌を胴体にある穴から噴き出すことができる生き物です。
この体から出てくる餌を求めて、魚達が集まってきます。

吹き出た泡のようなものが、光に反射して美しい光景を演出していました。

こちらの演出、特に時間は決まってないみたいですが、お昼どきを狙っていけば見れる可能性が高いです。

せっかく行くのであれば、是非見ていきたい光景ですね。

 

ジンベエ、マンタコーナーとサメ博士の部屋

 

黒潮の海の水槽の横にあるこちらの部屋は、ジンベエザメやマンタの生態や、美ら海水族館での飼育や繁殖時のエピソードなどが書かれた展示部屋です。

ジンベエザメは、まだまだ謎の多い生き物で現在もその生態について研究が続けられています。
ジンベエザメの世界最長の飼育記録についてや、世界初の繁殖に成功したマンタの研究の記録の数々がここに展示されているのです。

解説文や写真が豊富にあるので、とても勉強になりました。

 

先程紹介したテラス席のところには、サメ博士の部屋という部屋があり、写真のように本物のサメが水槽の中で泳いでいました。

 

 

サメの水槽の前には、サメの生態を紹介する展示物があります。
サメの骨格や歯形など、サメの秘密を細かく紹介しています。

どうしてもサメは、映画「ジョーズ」などの影響もあって、人を襲う動物という怖いイメージを持たれがちです。
しかし、ここでサメに関する展示を見てからその考えが少し変わりました。

本来、サメは大人しい生き物で、獲物を狙う時だけあのように凶暴になるとのことです。

この他にも、サメに関する面白い秘密を知ることができます。
もっと詳しいことを知りたいのであれば、是非ここを訪れて勉強してみましょう!

 

沖縄美ら海水族館 深海に住む生き物

 

 

黒潮の海を見終わって続いてたどり着いたのが、こちらの暗闇の世界です。
ここは、沖縄の水深200mの深海に住んでいる貴重な生き物を展示しています。

展示してある生き物が、深海の暗い海の中に住んでいるので、このように展示部屋全体が暗いです。

 

 

この場所には、テレビのドキュメンタリーでも有名になった巨大イカの、ダイオウイカの実物がありました。

ダイオウイカの捕獲した時の映像もモニターで見れるので、こちらも必見です。
かなりグロテスクな姿で、暗闇の中に不気味に展示されていました。

 

沖縄美ら海水族館 海洋生物の調査研究

 

 

美ら海水族館は、水族館の入場者数でも日本でトップを行く水族館ですが、同じように海洋生物の生態研究に関しても高い評価を得ている水族館として知られてます。

特に、生物の新種発見の実績に関してはその名を広く知られている水族館です。

上の写真には、美ら海水族館がこれまでに見つけ、命名した新種の生き物が紹介されてました。

 

 

数々の見所を通ってきて、いよいよ最後の展示です。
出口の前には、沖縄の密林が再現された水槽がありました。

こちらは、琉球弧(りゅうきゅうこ)と呼ばれる奄美大島から台湾付近に渡って数々の島が点在している地域の自然環境を再現した水槽です。

この水槽には、「ルリボウズハゼ」や「タナゴモドキ」といった約20種類の貴重な淡水に生きる魚達が飼育されています。

沖縄の絶滅危惧種の生き物も紹介していて、沖縄の雄大な自然を守るための啓蒙活動的な役割を果たしている展示です。

他にも、海に捨てられるごみによって生き物に何が起こっているのかを考えるための展示も設けられていました。

 

出口を出ると、そこは無料で入場できる休憩施設の「美ら海プラザ」です。
ここには、飲食店やお土産売り場の他に、沖縄の海の秘密についての様々な展示物があります。

写真上にあるのは、ホオジロザメの骨格と剥製です。

他にも様々な生き物の剥製や、沖縄の海や大地がどのように形成されていったのかなど、本格的な生物学や地形学の展示も豊富にありました。

これらの展示物、正直言ってとても無料とは思えないくらいの充実ぶりです。
一通り展示物を見終わったら、ここで休憩がてらのんびり過ごすのも良いですよ。

 

美ら海水族館のアクセス

那覇から距離にして約90kmある沖縄美ら海水族館。
那覇市から美ら海水族館までは、車を利用して最速1時間半かかります。

車で行く場合、沖縄自動車道をひたすら北上して、許田ICから名護市の方へ一直線に走っていって、本部町の浦崎交差点を左に曲がって直進していくと、海洋博記念公園が見えて水族館はすぐそこです。

ひろたか
ひろたか

水族館に1番近いのは北ゲートのP7の駐車場。
駐車場は全て無料なので便利です!

公園内の駐車場は合計で2000台ほど駐車可能ですが、シーズン中は混雑する可能性があるので、早めに行くようにしましょう。

 

那覇からバスで行く場合は、

  • 那覇空港
  • 那覇バスターミナル

から乗車していくことができます。

最もわかりやすく僕も利用したのが、空港発那覇バスターミナル経由の117系統のバスです。
こちらのバス、1日に9本運行していて本数も多く、高速バス仕様のバスを使うので背もたれ付きの快適な椅子に座りながら美ら海水族館に行けます。

料金は往復運賃で那覇空港からは5,100円、那覇バスターミナルからは4,680円です。

所用時間はおよそ1時間30分。
車内にトイレはありませんが途中名護バスターミナルで運転手さんに言えばトイレ休憩として待ってくれます。

他にも、空港発で那覇バスターミナルを通らないバスもあります。

やんばる交通という会社のバスが、空港を起点に県庁前やおもろまちを経由して、往復で4,000円と117番のバスよりお得です。

事前の予約は必要ありませんので、バスで行きたい方は必見ですよ。

この他にも、沖縄エアポートシャトルというバスが、空港から美ら海水族館までの直行バスを運転しています。

県庁前を通過するので、市街地からも乗れます。
こちらのバスは、事前にHPで席を予約することも可能となっているので便利です。(空席があれば、予約なしでも乗車可)

 

まとめ

日本一の水族館と言われている沖縄美ら海水族館。

訪れる前は、どんなところなんだろう?那覇から遠いけど、行く価値はあるんだろうか?と色々疑問に思ってましたが、実際訪れると豊富な種類の魚や、巨大な黒潮の海の水槽に圧倒され、時間の経つのも忘れ楽しく過ごすことができました。

美ら海水族館は那覇から遠いところにあり、水族館をはじめ公園内の見所も豊富にあるので、できれば丸々1日ここで楽しむことをおすすめします。

美ら海水族館に行けば、沖縄の思い出が忘れ得ぬものとなること間違い無しです。

そして次回の記事では、沖縄海洋博記念公園内にある無料で見れる施設を紹介します。
こちらの方もぜひ読んで見てください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました