価格もお得で定時運行確実な航空会社スカイマークの搭乗レビューです

国内旅行

 

いつも飛行機はJALかANAを利用しているんだけど、たまには違う航空会社を使ってみたい。

九州とか沖縄に行きたいんだけど、安い運賃で行ける航空会社ってあるかな?

この記事では、このような疑問に答えていきます。

結論から言えば、大手2社以外で安いチケットで飛行機に乗るのであれば、スカイマークを利用するのが1番良いです。

羽田空港や神戸空港を拠点に、全国12ヶ所の空港を結んでいるスカイマークは、

  • 定時運行率
  • 顧客満足度

の2点で常に上位を維持している、信用度の高い航空会社です。

僕は今年に入って2回スカイマークに搭乗しましたが、とても乗り心地が良く、快適な空の旅を楽しめました。

この記事では、そんなスカイマークの魅力について僕なりの観点を入れながらレビューしていきます。

飛行機で旅行を考えている方に参考になったら嬉しいです!

 

 

スカイマークの簡単な歴史

スカイマークが創業したのは1996年。
1987年に行われた、航空輸送業の規制緩和後に創業した最初の航空会社です。

安い航空運賃を適用するため、機内サービスを簡素なものにしてコストを削減するというLCC方式を日本で初めて採用した航空会社でした。

しかし、他の航空会社との価格競争や燃料費の高騰の影響もあって徐々に赤字が増え、2014年にはライバルのANAやJALとコードシェアをする事で支援を求める状況に陥ったのです。

その結果、2015年には民事再生法の適用を申請しましたが、翌年(2016年)には民事再生手続きが終了。
新たな再建計画が建てられ、スカイマークは経営体勢などを見直していきました。

そうして努力を重ねたことで、スカイマークは定時運行率、顧客満足度指数と共に1位になるという快挙を成し遂げ、見事な復活を遂げたのです。

僕が乗った2回のフライトでも、見事な定時運行でした。

ひろたか
ひろたか

それどころか、予定より5分早く出発しちゃいました(笑)

というわけで、スカイマークを選べば、余程のことがない限り時間に遅れるということはます無いと思っていいでしょう。

安心して搭乗でき、主要路線では本数もかなり多いので便利な航空会社です。

 

スカイマークの予約とチェックインの方法

航空券の予約は、スカイマークのHPから簡単にできます。

HPの空席照会のところをクリックして、乗りたい便と搭乗する日程を入力すれば、通常料金と割引料金が表示されたその日の空席状況の表が出るので、乗りたい便を選びましょう。

早ければ早いほど運賃は安いので、予定が決まったらなるべく早めに予約するのがベストです。

スカイマーク 割引運賃の紹介

スカイマークで採用されているお得な割引運賃は2種類あります。

① いま得

搭乗3日前までに購入できる航空券。
混み具合によって運賃が変動し、予約変更は不可です。
最も安い割引運賃で、早く購入できれば1万円以下で予約できます。

僕も今回、このいま得でチケットを購入しました。

② たす得

こちらは前日まで購入が可能です。
いま得より少し割高ですね。
いま得が売り切れになった場合は、たす得の方を予約することが多いです。こちらの方は予約変更が可能。

スカイマーク 予約後の支払い方法

HP上から予約をしたら、個人情報を入力して支払い方法を選択しましょう。
支払いはクレジットカードの他に、コンビニでも支払うことができます。

コンビニ支払いを選んだ場合は、予約後に払込番号が書かれたメールが届きますので、それを持ってコンビニで支払って下さい。

スカイマーク 当日チェックインの方法

 

当日チェックインをするときは、スカイマークの専用カウンターに行き、写真にある専用の自動チェックイン機を使って航空券を発行します。

はじめに機械の画面をタッチして、スカイマークから送られたメールの中にある4桁の予約番号を入力すれば、搭乗する飛行機の情報が出てくるので確認しましょう。
そして座席の指定や、預ける手荷物の有無を入力したら、搭乗券が発行されます。

荷物を預ける際は、荷物をX線検査に通してからカウンターで預けましょう。

スカイマークでは、20kgまでの重さの荷物と50cm×60cm×120cmまでのサイズの荷物は、無料で預けることができます。

 

スカイマークの機材と機内

 

 

今回搭乗した機材はB737ー800です。
スカイマークは細かい部分は異なりますが、全ての路線でB737を使用しています。

僕は2回スカイマークを利用しましたが、座席のタイプが少し違っていました。

 

 

こちらは那覇発中部行きの座席です。
席の色はベージュです。

結構スリムな座席でしたね。
本来なら、座席の下に充電用のコンセントがあるんですが、この機材にはついていませんでした。

 

そしてこちらは福岡発羽田行きの座席。
紺色の椅子で、最初に紹介した椅子よりも若干大きめのサイズの椅子でした。

どちらの椅子も外見は硬そうに見えますが、座って見ると意外と柔らかく、1時間以上のフライトでも全く腰などに負担が来ることは無かったです。

 

 

座席に座ったらこんな感じです。
前との座席の感覚は、大体拳2つ分くらいでした。

シートピッチは大体31インチ(79センチ)です。

見た目は狭い感じですが、思ったほどゆとりがあリましたね。

体格の大きい人にとってはこのサイズはきついかもしれないですが。

 

 

こちらがB737のトイレです。

そこまで広くはありません。

前方と後方にあり、客室乗務員が近くにいるときは必ず扉を開けてくれます。

 

翼の近くに座ったら、翼の先端に注目してみて下さい。

先端のウィングレットにはこのように、可愛いハートマークがありました。

スカイマークではこのように、機材ごとに色々なマークがついています。

ハートの他にも

  • スペード
  • ダイヤ
  • クローバー
  • さくらんぼ
  • 音符

といったマークが機材ごとについているので、

ひろたか
ひろたか

今日の機材はどのマークなんだろう?

と思いながら乗ってみるのも楽しいですよ。

スカイマークの機内サービス

 

離陸してから約20分ほど経つと、機内サービスの始まりです。

スカイマークでは、ネスカフェのコーヒーと、スカイマークオリジナルパッケージでデザインされたキットカットチョコレートが無料でサービスされます。

ネスカフェのコーヒーは、一部の路線では提供されません。
路線によって、コーヒーの紙コップに蓋がされたりされなかったりするようです。

その他の

  • コーラ
  • お茶
  • ジュース
  • お菓子
  • 玉ねぎスープ

1つ100円の有料サービスになります。
ネスカフェ商品はこの他に、

  • ココア
  • ほうじ茶ラテ
  • ミルクティー
  • ゴールドブレンド

は全路線で100円で販売しています。

 

 

座席の方には、各席一冊ずつ機内情報誌が置いてあって、無料で持ち帰ることができます。

スカイマークで発行しているのは、こちらの「空の足跡」という情報誌です。
就航している都市の見所を書いた記事が書かれていて、読み物は豊富。

人気漫画「孤独のグルメ」の作者の久住昌之さんのコラムもありました。

他の大手航空会社の情報誌と比べると薄いですが、お終いのページにあるスカイマークの航路図も見やすく、内容が充実していて読み応えがあって良かったです。

スカイマークの窓から見える景色とは

 

スカイマークの飛行機からは、天気が良ければ素晴らしい景色を眺めることができます。
過去2回、スカイマークに搭乗した時に上空から見た景色を、ここから紹介していきましょう。

今回の記事では、

  • 那覇〜中部線
  • 福岡〜羽田線

で見た景色を紹介していきます。
毎回同じ所を通るわけではないですが、搭乗の際の参考にしてみてください。

 

飛行機から見える景色  那覇〜中部線

 

まずはこちらから。
那覇空港を飛び立って直ぐに、機体は左に旋回。
その時に撮影した糸満市上空の様子です。

写真左側に写っている森林と緑地は、平和創造の森公園。

その隣には、沖縄らしい美しく透き通ったビーチが広がっていました。
本当に沖縄らしい景色ですね。

 

こちらは、中部国際空港に着陸寸前に撮影した1枚です。

遠い向こうには、霞んではっきりは見えませんが名古屋港の人口島があるのがわかります。
そして、その手前に見える長い円状の走路は、名古屋競馬に所属する馬がトレーニングをするためのトレーニングセンター、弥富トレセンです。

将来は、現在名古屋市内にある名古屋競馬場に変わって、ここに新しい競馬場を建設する予定でいます。

詳しくはこちらの記事から。

【グルメも楽しめる】名古屋競馬場での競馬観戦の楽しみ方を解説

 

飛行機から見える景色 福岡〜羽田線

 

今度は福岡発羽田行きの飛行機に搭乗した時の景色を紹介します。
この日は、右側の座席に座りました。

途中富士山もはっきり見えたのですが、残念ながら逆側だったので撮影することができず。
それでも天気が良かったのでいい景色が撮れました。

上の写真は、九州を離れる際に撮った写真。
手前の街は温泉で有名な大分県別府市で、後方に見えるのが大分市です。

 

 

続いてはこちらです。
ちょうど左側に富士山が見えている時、僕の座っている右側には伊豆大島がはっきりと見えました。

今まで、熱海城の展望台からしか見たことの無かった伊豆大島。
島の姿を見たのは今回が初めてです。

三原山の火口もはっきりと見えました。

【コスパ最強】予想より面白い熱海城の見所を各階ごとに紹介します

 

羽田空港着陸の際には、幸運にも都内上空を飛行する羽田新ルートを通っていきました。

写真は、東京都中野区上空です。
左側には斜め状の特徴的なビル、中野サンプラザが見えます。
中々このような景色は見れないので、ある意味新鮮ですね。

 

 

その後、広大な森が見えてきました。
これは、代々木公園と明治神宮ですね。

左側には、NHK放送センターの建物と、個性的な建造物の代々木第一体育館も見えます。

 

 

代々木公園を通過したら、今度は渋谷上空に差し掛かりました。

渋谷駅も、スクランブルスクエアも、ヒカリエも、そして渋谷109もはっきりと見ることができます。

渋谷には数え切れないほど訪れている僕ですが、まさか上空から眺める事になるとは思っていませんでした。

この羽田新ルートは、全ての便が通る訳ではありませんが、スカイマークの福岡発羽田行きに乗れば都内上空を飛ぶ確率は高いので、おすすめです。

まとめ

今回は、日本で3番目の旅客数を誇る航空会社スカイマークの

  1. 歴史
  2. 予約方法
  3. サービスと機材の設備
  4. 飛行機から見える景色

を1通り紹介していきました。

スカイマークは、お得な運賃で、定時運行率の高い安定したクオリティーを持つ航空会社で、飛行機が初めての人でも安心して搭乗することができます。

北海道から九州、沖縄宮古島も結んでいますので、お得に旅をするなら是非スカイマークを利用してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。



 

タイトルとURLをコピーしました