静岡空港発FDA出雲行き乗った感想とFDAについてのまとめ

国内旅行

はじめに

どうも、ひろたかです。

先日お盆休みに出雲の方に行きました。静岡から出雲まで、今回初めてFDA(フジドリームエアライン)に搭乗しました。

 

約1時間ほどのフライトでしたが、非常に快適なフライトで素晴らしい景色を楽しめました。

このFDA、発着する空港が限られているのでまだ利用されたことが無い人が多いのでは無いでしょうか。

 

今回の記事ではFDAの利用方法や機内サービスについて解説して行きます。

 

 

普段飛行機に乗る機会が無い方も是非この記事を読んでいただき、FDAを利用してみてはいかがでしょうか。

それでは解説していきます。

FDA(フジドリームエアライン)とは何か

2009年、静岡市に本社を置く物流会社の鈴与が設立した航空会社です。

設立時は静岡空港のみの発着でしたが、2010年に名古屋小牧空港からの路線を開設しました。

その後神戸空港にも進出し、現在3空港合わせて20近い路線が運行されています。

使用機材は全てエンブラエル社のERJ170/175シリーズを使用しています。

最大の特色は全ての機材において外観の色が異なることです。現在、16種類あり搭乗の際はどの色に乗れるのかな?と期待して待つのも良いですよ。

ちなみに、僕が乗ったのはオレンジです。

 

予約方法

予約はネット電話、空港カウンター、指定旅行代理店で購入可能です。

ネット予約では4つの割引運賃が利用できます。

45割 45日前までの予約で購入可能 最大86%割引

ひょいとe割 1週間前までの予約で購入可能 最大81%割引

ドリーム割 前日までの予約で購入可能 最大55%割引

フレックスドリーム 前日までの予約で購入可能 最大30%割引

フレッツクスドリーム以外は予約変更が出来ません。
僕は今回、ひょいとe割で購入しました。出発2ヶ月前に購入し、出雲空港までの往復3万円で購入しました。すぐに売り切れてしまう可能性が高いので早めの予約がおすすめです。
支払いは、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振り込みで出来ます。
キャンセルには手数料がかかります。

静岡から出雲までのフライト時刻表

静岡〜出雲 8:20ー9:35
出雲〜静岡 17:00−18:10
行きは朝早いのが難点ですが、早く現地に到着できるので着いたらすぐ観光ができます。
帰りは夕方の便なのでお昼頃まで観光を楽しむ事ができます。松江駅からの空港バスが15時半の出発なので乗り遅れないよう要注意です。

機上から見える景色

大井川と富士山。雲は多少かかってますが、天候も良くはっきり見えました。
エコパスタジアムと袋井市。この辺りは全国的に有名な袋井花火の会場でもあります。

写真を撮り忘れましたが、浜名湖やアクトシティも上空から見ることが出来ました。空から見る静岡県もなかなかいいものです。

大山上空

鳥取砂丘

このように、晴れていればこんな素晴らしい景色を堪能出来ます。

機内サービス

機内情報誌

機内情報誌は『DREAM3776』です。

各席に備え付けられていて、無料で持ち帰ることが出来ます。

ドリンク、軽食サービス

着席と同時に、静岡市の老舗馬場製茶提供の茶飴が配られます。

 

甘さとお茶の風味がうまく混ざっていて、とても美味しくいただきました。

 

僕の乗った静岡発出雲行きは、朝早い便ということもあって、クロワッサンが提供されます。

ドリンクは、お茶コーヒー、りんごジュースが提供されます。

掛川駅南口発着の無料シャトルバス

掛川駅南口からFDA利用者限定の空港行き無料バスが運行されています。

 

搭乗する飛行機の時間に合わせて出発するのでとても便利です。

 

空港からも到着便に合わせて掛川駅行きバスが運行しています。

 

到着ゲートからすぐのところにバス停があり、長い時間バスを待つ必要はありません。

まとめ

初めてFDAを利用しましたが、思った以上に快適なフライトで大満足でした。

静岡空港には出雲行きの他に札幌、福岡、北九州、鹿児島にも行くことが出来ます。

60分〜90分でいずれの目的地に到着出来るので観光や出張にも便利です。

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました