松江の観光名所である堀川遊覧船から見える景色と松江城の見所を解説

国内旅行

島根県の松江市ってどんな観光名所があるんだろうな?

この記事ではこんな疑問に答えていきます。

結論から言って、必ず訪れるべき見所は2つ

  • 国宝松江城
  • 堀川遊覧船

この2ヶ所は、松江観光で外すことのできない場所です。

島根県の県庁所在地である松江市。

街の中心に松江城がそびえ立っていて、その周囲をお堀や運河が流れています。

ここは堀川と呼ばれていて、木製の遊覧船に揺られながら自然あふれる松江市内を船から見ることができる、松江市を代表する観光名所です。

 

この記事では、国宝松江城と堀川遊覧船の見所について、それぞれ僕が実際に現地に行った目線で解説していきます。

この記事を読めば、松江の魅力が一目で理解できるので、ぜひ読んでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国宝松江城 天守閣

 

日本の現存する12の天守閣の内の1つで、2015年に日本で5つ目の国宝に指定された松江城。

ただのお城では無く、松江市民にとって誇りでもありシンボルでもある、大変重要な存在の城です。屋根の端が、まるで鳥が翼を広げたように見えることから、「千鳥城」とも言われています。

 

松江藩の藩主であった堀尾吉晴によって、1611年に建てられた松江藩の政庁として、堀尾氏、京極氏、松平氏と城主は引き継がれていきました。

ひろたか
ひろたか

松江城の入口には、堀尾吉晴の銅像が出迎えてくれます。

天守閣も素晴らしいですが、松江城の本丸にも見所は満載です。

本丸は松江城山公園と呼ばれる公園になっていて、

  • 護国神社
  • 城山稲荷神社
  • 松江神社

と神社が3つ点在する広い公園です。

こちらは入場無料となっています。

それでは、天守閣と城山公園の見所を紹介していきましょう。

国宝松江城 天守閣からの眺め

城内では城を支える柱の仕組みや敵の攻めに対抗する為の仕掛けなど、貴重な展示を見ることが出来ます。

最上階まで急な階段を登っていくと、天守閣にたどり着きます。

 

そこからは松江市全体を一望することが出来ます。

 

もちろん宍道湖も嫁ヶ島も綺麗に見ることが出来ます。

ちなみに、松江城天守閣から嫁ヶ島が見える方向には、景観を守るために高い建物を建てては行けないというルールがあります。

天守閣から見た松江市内と宍道湖です。左側には嫁ヶ島も見えます。

南櫓(みなみやぐら)

 

島根県庁の向かい側から見える2階建ての櫓で、外部からの敵を監視するために造られたといわれています。

興雲閣

明治36年に工芸品の陳列所として建てられました。その後、「松江郷土館」として松江市主催の展覧会の会場として使用されました。

 

建物内には、昔貴賓室として使われた部屋や松江の歴史にまつわる展示があります。

 

入場は無料です。

カフェも併設されているので休憩がてら楽しむのもいいですよ。

入場料

*天守閣のみ

大人 680円

子供 290円

他施設との共通券もあります。以下に記しました。

松江城天守閣、松江歴史館の共通券

大人 950円

子供 430円

松江城天守閣、小泉八雲記念館、武家屋敷の共通券

大人 1100円

子供 510円

堀川遊覧船

概要

松江城の周りを流れる堀川と、街中を流れる京橋川、米子川を木造の船で1周する松江観光の目玉スポットです。

乗船時間はおよそ50分。

季節によって様々な景色が見えます。

夏は風鈴

 

冬はこたつが設置され、船に乗りながら季節を感じられます。

なお、船は土足禁止なので靴は脱いで乗船してください

 

船の中から見えるのは

松江城の周りの鬱蒼とした木々。(まるでジャングルを彷徨っているみたいでした

 

 

その木陰で羽を休めるカルガモやサギ、亀といった野生の生き物。(松江城の西側に生息しています)

 

カラコロ広場(市街地を行きます。柳の木が綺麗です)

 

米子川(住宅街の中を航行します。6月には紫陽花が綺麗です

といった景色を楽しめます。

堀川は宍道湖や大橋川の水が混ざるせいか、皮の底には貝殻が沈んでいます。

乗り場は3カ所

大手前広場 松江城大手門前の乗り場です。松江駅からバスでアクセス出来ます。
堀川ふれあい広場 歩いて数分で塩見縄手や小泉八雲記念館にアクセス出来ます。乗り場のところには地ビール館があり、美味しいビールが飲めます。
カラコロ広場 京天商店街に面した広場です。川の向かいには、旧日本銀行の建物を使ったカラコロ工房があります。色々な工芸品が売られていて、お土産に最適です。体験教室もあり、オリジナル作品を作ることもできます。
カラコロ広場の近くのカラコロ工房の中には、ピンク色の郵便ポストがあります。このポストの写真を撮ると幸せになるとの噂。またこのポストから大切な人へ手紙を送ると、差出人宛先人とも幸運が訪れるとか。この記事を読んだ方が幸運になれるように、ポストの写真を掲載します❤️

船を操る船頭さん

船を操縦する船頭さんは、ガイド役でもあり船の外から見える景色の説明や、松江市の歴史に下することをユーモアも交えて楽しく話してくれます。

 

平均年齢は比較的高めで、色々なタイプの船頭さんがいます。

 

あなたにとって良い船頭か、そうでないかはその時の運次第です。

それでも、各船頭さんは生き生きと観光案内をしてくれます。

 

松江では、船頭さんの仕事は憧れの仕事の一つであることに間違いないと自分は思います。

名物屋根の上げ下げ

堀川巡りでは10カ所の橋をくぐります。そのうちの4カ所は屋根を下げなければ通れないほどの狭い橋であるため、船頭さんはその橋に近づくと頭を下げるようにお願いをします。

 

橋の直前で屋根が下がると同時に乗客も頭を下げる、これが堀川遊覧船の目玉です。

 

写真で見ると、ざっとこんな感じです。

尚、該当する橋の前には、❤️マークのブイがあります。

 

普門院橋をくぐった後、左手の方に小泉八雲「怪談」に出てくる女幽霊のレリーフがあります。このレリーフは船に乗ったときだけ見れます。道路からは見えません。

乗船料

大人 1230円

子供 610円

このチケットは1日乗り降り自由となっていて、途中下車も可能です。

なのでチケットを買ったら、時間の許す限りどんどん乗りまくってください!

 

乗船の際は、係員に乗ることを告げてください。船が到着したら名前が呼ばれますので係員の指示で乗船します。

船の運行時間は、季節によって違うので要確認です。

春夏は17時〜18時、秋冬は16時〜17時ごろまで運行しています。

 

時間に余裕を持って船の旅を楽しんでください。

ぐるっと松江堀川めぐり
ぐるっと松江堀川めぐりについて

まとめ

いかがでしたか?松江を訪れたときには、ぜひこの2カ所プラス宍道湖はおさえるべきです。

松江の城下町は五木寛之、小泉八雲、島崎藤村、野口雨情、渡辺淳一等、そうそうたる文豪に愛された街です。

400年前の松江城築城時から変わらない城下町、宍道湖を中心とした豊かな自然、松江に行けばその街の魅力に必ず惹かれることでしょう。

飛行機で大都市からも簡単にアクセスできますので、1度行ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました