【樹齢2千年のクスノキ】熱海のパワースポット来宮神社の魅力を語る

国内旅行

こんにちは、ひろたかです。

最近なんか疲れている。

体調が悪い…。

現代社会、色々な悩みや病気を抱えて元気が出ない、そういった方は多いのではないでしょうか?

そういった方にお勧めしたい場所があります。それが、熱海の来宮神社です。

1,300年以上にわたって熱海の街を見守り続けているこの神社。

日本を代表するパワースポットとしても有名で、全国から多くの観光客が詰めかけます。

来宮神社の象徴と言えるのが、樹齢2千年とも言われる巨大なクスノキです。

2千年という長きにわたって、たくましく伸びるその姿は、訪れた人の心を奮い立たせ、活力をあ与える不思議な木です。

この記事では、パワースポットとして有名な熱海来宮神社と巨大クスノキについて取り上げていきます。

クスノキについて知りたい方、また来宮神社にはどういった御利益があるのか知りたい方は是非参考にしてください。

 

 

来宮神社の概要とアクセス

来宮神社は、全国に44社ある来宮神社の総社です。
古くから来宮大明神として知られ、来福縁起の神様として知られています。平安時代の征夷大将軍を務めていた坂上田村麻呂は、戦に行く前に必ず来宮神社で勝利を祈るほどの崇拝ぶりで、神社の分霊を東北を中心に全国に広げたという逸話もあるとのこと。
御祭神は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)、五十猛命(イタケルノミコト)、大乙貴命(おおなもちのみこと)です。
JR来宮駅から歩いて5分。熱海駅方面に歩いて交差点を左に曲がり新幹線のガード下を潜ると神社の入口に着きます。
熱海駅から、伊豆箱根バスの西山循環、十国峠行きのバスに乗って20分ほどで行くのもありです。
(途中、サンビーチ経由。熱海梅園にも停車)

ここからは、来宮神社の境内を見ていきましょう。

来宮神社 本殿

来宮神社の本殿です。
入口の鳥居を潜って、ひたすら真っ直ぐ進んでいった所にあります。
まずはともかく、ここから参拝していきましょう。
来宮神社は、商売繁盛や縁結びに御利益があります。
それ以外にも、忌の宮ともいわれていて、禁煙や禁酒などの悪いものを断つために祈りに来る参拝客も多いみたいです。
禁煙を成功させたい方は、必見の神社ですね。
参拝方法は、2礼2拍手一礼です。
自然の中にあり、厳かな雰囲気がある来宮神社。
本殿から熱海市街の方を見ると、新幹線や東海道線が走るのを見ることができます。
新幹線の音が結構聞こえてきますが、気になるほどの騒音ではないです。
ここからは、来宮神社の境内にある見所を紹介していきます。

来宮神社  来宮弁財天

 

来宮神社本殿の右側にある神社で、御利益を求めて行列が出来ています。

赤い橋を渡って、石段を登った所にあるこの神社。

芸能や財運、出世や健康に御利益があります。

小さな神社の後ろには、古来の神が宿っているとされる弁天岩があり、触ることで御利益がもたらされるといわれているとか。

岩の上には白蛇のオブジェ?があり、池には立派な錦鯉が泳いでいて、見るだけでも御利益がありそうですね。

 

来宮神社  例大祭

 

この光輝く神輿は、毎年7月14〜16日に行われる例大祭で使用される宮神輿です。

例大祭は、来宮神社の最大の祭で、1300年前に漁夫が御木像を海で拾い、新暦の7月15日に来宮神社のある地に祀ったのがきっかけで、毎年この日に祭が開かれるようになりました。

当日は、きらびやかな山車が熱海の街をパレードします。

写真の神輿は、喧嘩神輿として、熱海の街を練り歩きます。

他にも、無形文化財に指定されている鹿島踊りや、少女が舞を踊る浦安の舞等、伝統に基づいた様々な儀式が境内で行われます。

そしてこちらは、例大祭の目玉の一つでもある御鳳輦(ごほうれん)の神輿です。

42歳になる男子が厄除のために担ぐ神輿で、神に感謝しながら、浜から海中に入っていきます。

来宮神社  御神水取り

 

本殿入口の前にある、健康開運を呼ぶ水として知られています。

初穂料1,000円を受付で支払った後、自由に水を取って飲めば、健康が促進され、運勢が上昇する効果がありますよ。

来宮神社  来宮稲荷神社

 

写真のように、社殿の前に赤い鳥居が並んでいる光景といえば、そう稲荷神社ですね。

この来宮神社の中には、稲荷神社もあるんです。

全国に3万社ほどある稲荷神社の1つで、食物の神、農業の神といわれた宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)が祀られています。

 

農家や商家などから多大な信仰を受け、その影響力は工業にも広がっていき、現在では「商売繁盛」、「五穀豊穣」、「家内安全」、「諸願成就」のお寺として親しまれている神社です。

来宮神社の入口の左側にあります。

来宮神社  参集殿のお洒落なカフェ 茶寮「報鼓」

 

歩き疲れたら、この茶寮「報鼓」で一休みしましょう。

来宮神社には、こうしたお洒落なカフェが4件ほどありますが、こちらはお手軽な値段で、コーヒーや紅茶、甘酒やタピオカといったバラエティーに富んだメニューがあるのが嬉しいですね。

 

この報鼓のある建物は参集殿と呼ばれ、お守りの授与所や御朱印の受付があります。

御祈祷する方の為の待合室もこの建物の中です。

それにしてもお洒落な建物ですね。歴史ある神社とは思えません。

参集殿の上には、Stand cafe 「楠の香」があります。

来宮神社 パワースポットの大クスノキ

全国的に有名なパワースポットとして知られている、来宮神社の名物の大クスノキです。

国の天然記念物にも指定されているこのクスノキ、樹齢はなんと2千年!!幹の周囲は23.9m、高さは26mもあります。

実は本州で一番大きなクスノキでもあるのです。知ってましたか?

連日多くの観光客が訪れ、その雄大な姿に感動して、明日への活力を得て帰っていきます。

このクスノキには「健康成就」、「心願成就」の御利益があり、病み上がり等で体が弱っている方も多く訪れるみたいです。

実際クスノキを見て、涙する方も多いみたいですよ。

クスノキを裏側はこのような感じです。

幹の力強さに、2千年の重みを感じることができますね。

クスノキの周囲は遊歩道になっていて、裏の方まで見ることが可能です。

ちなみにこの木の周りを1周すれば、寿命が1年伸び木の周りを願い事を思いながら1周すれば、その願いが叶うとも言われています。

 

クスノキの裏側です。2000年も歴史があれば、所々の箇所が痛むのは仕方のない事。

木の折れた部分は、このようにカバーが掛けられていて、大切に保護されています。

 

クスノキの横には、背もたれが長いベンチがあります。

ここで座って、クスノキを眺めてながら思いっきり癒されてみましょう。

そのベンチから見たクスノキは、こんな感じです。

ゆっくりベンチに座りながら、クスノキの雄大さを感じてみましょう。

クスノキの横には、抹茶や甘酒を味わえる大楠 五色の杜というオープンカフェがあります。

写真のスペースは結婚式、貸し切りのイベントにも利用可能。

飲み物を飲みながら、雄大なクスノキをゆっくり眺めてみましょう。

来宮神社 第2大クスノキ

 

来宮神社には、大クスノキ以外にもクスノキがあります。

神社の入口近くにあるこのクスノキは、樹齢1300年。

今からおよそ300年ほど前に、落雷が直撃した事もあったみたいですが、それにも屈せずこの場所に生え続け、大クスノキと並ぶ来宮神社の象徴として君臨しています。

大クスよりも間近で木を見て、かつ木の中を覗く事も可能。

木の横には、三峯社という神社があります。

埼玉の三峰神社により昭和初期に祀られ、日本武尊が創建した由緒ある神社で、守護神は狼です。

その昔、農作物を襲う猪から、農作物を守ってくれたという狼を信仰するようになり、以降その狼は神使となり、現在では「お犬さま」として慕われているとの事。

小さな境内ですが、深い歴史があるんです。

まとめ

実際に現地で見た大クスノキは、すごい迫力でした。

自然が演出するエネルギーのおかげで、活力がみなぎるのと同時に、心も気楽になってきました。

 

今回は、来宮神社と境内にある大クスノキを紹介しました。

JRの来宮駅からも近く、熱海市の中心からもバスで行けるので、交通の便はとても良いです。

熱海に訪れる機会があったら、ぜひ足を運んで見てください。

ストレスも全て吹っ飛ぶほど癒される最高のスポットです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました