石松餃子が静岡市進出!テイクアウトでも食べれる浜松餃子の魅力とは

静岡ガイド

浜松市にある浜松餃子を代表する店といえば、石松餃子です。

数ある浜松餃子の店の中でも、浜松餃子の発祥の店といわれ、浜松市民ならず市街から訪れる観光客に愛されています。

浜松餃子の知名度が全国に広がる中で、やっぱり浜松に行って本場の餃子を食べたいと思いますよね?

でもその結論を言うと、必ずしも浜松に行って食べる必要はありません。

 

浜松餃子の知名度が上がっていったことで、店舗も静岡県全体や、中京、関東地区まで広がっていきました。

そんな中、ついに静岡市にも石松餃子のお店がオープンしたんです!!

 

昨年の11月、静岡駅の飲食店街である「ASTY静岡」の中にオープンした石松餃子。

どんな餃子なんだろうと興味がわき、この度訪問してみました。

この記事では、石松餃子ASTY静岡店の様子と石松餃子について紹介していきます。

是非読んで参考にしてみてください!

 

 

石松餃子の基本情報

石松餃子は、1953年に創業された老舗餃子店です。
浜松には、現在約80店舗ほどの餃子専門店がありますが、ここ石松餃子は元祖浜松餃子の店と名乗って営業している店として知られています。
創業当時は、浜松駅周辺で屋台をひきながら営業していた石松餃子。
浜松餃子の代名詞ともいえるもやしを最初にのせたのは、ここ石松餃子といわれています。
こうして地道に積み重ね、浜松餃子を代表する店になった石松餃子は、静岡県全域や中部地方、関東地方に店舗を増やしていきました。
*石松餃子の店舗の場所はこちらで確認できます。
そんな中、今回新しくオープンしたASTY静岡店。
最新の設備を導入していて、中々綺麗なお店でした。
早速見ていきましょう!

石松餃子ASTY静岡店のアクセス

静岡駅の改札口を出て向かいに位置する飲食街が、ASTY静岡です。
入口を入っていって、奥の方にあります。
店舗内は、このようになっています。
餃子専門店とは思えない?お洒落な内装になってますね。
なんとなく欧米のカジュアルなレストランにいるような雰囲気です。
照明にもこだわりを感じますね。
店内は、訪れた時間が夜だったこともありますが、お酒を飲みながら食事を楽しんでいる人がほとんどでした。
本格的な居酒屋として利用するのもおすすめです。
餃子とビールは合いますからね(笑)。
店内には、トイレはありません。
トイレを利用する際は、スタッフに一言言ってから店を出て、ASTY内のトイレを使用してください。

石松餃子ASTY静岡店 タッチパネル

こちらは一人がけの席です。
感染症対策のため左右に仕切りがあるので、集中して食事することができるので、安心してください。
注文はスタッフに声をかける必要はありません。
全て目の前にあるタッチパネルを操作して行います。
最近の飲食チェーン店は、この手の機械を備えた店が増えてきましたが、石松餃子でも積極的に導入しています。

石松餃子ASTY静岡店 メニュー

ここからは、石松餃子のメニューを紹介していきます。
餃子単品は10個から注文が可能。
最高で20個分注文ができます。
グループで来店の際は、浜松餃子名物の車盛りを注文するのがおすすめです。
浜松餃子名物のもやしが真ん中にドカンとのっている車盛りは、この石松餃子が最初と言われているとのこと。
一人で胃袋に余裕のある人は、食べてみて下さい。
定食メニューはご覧の通り、結構ボリュームがある感じです。
ラーメン定食なんか炭水化物中心で、人によってはキツそう。
単品でもある水餃子も、焼き餃子と一緒に定食で食べれるんですね。
ガッツリ食べたい方はおすすめです。
ご飯ものメニューもあります。
中華系の料理には、チャーハンは欠かせません。
この他にもラーメンや一品料理も取り揃えています。
餃子もそうですが、お酒にあうメニューが多いので、居酒屋に行くつもりで食べに行くのもおすすめですよ。

石松餃子ASTY静岡店 餃子定食

今回は、定番の餃子定食をオーダーしました。
石松餃子の餃子定食には、餃子の他にライス、スープ、漬物がついてきます。
餃子を食べる時は、テーブルにある特製のタレを使って食べてみてください。
このタレは、石松餃子が独自に開発したオリジナルのタレで、その中身は甘めの酢醤油です。
餃子の美味しさを引き出すために欠かせないものなので、必ずつけて食べましょう。
ひろたか
ひろたか

甘いタレってなぜか餃子と合うんですよね!

石松餃子の中身は、このようになっています。
中身は肉だけでなく、シャキシャキのキャベツがたくさん入っているのが特徴です。
このキャベツの甘みが、浜松餃子の美味しさの秘訣といっても過言ではありません。
キャベツのおかげで味があっさりしていて、たくさん食べても全く飽きが来ないのです。
だから10個以上1人で食べても、余裕で完食する事ができます。
以前紹介した餃子むつぎくでも同じような餃子でした。
石松餃子では、季節ごとに新鮮なキャベツを選んでいて、肉は地元遠州産の豚肉を使用しています。
常に最高の食材にこだわり餃子を作っているからこそ、石松餃子は長い間愛されて来たんでしょうね。

石松餃子ASTY静岡店 テイクアウトとお土産

石松餃子を自宅で食べたい!

そういうお客様の要望に答えて、石松餃子ではテイクアウトで餃子を楽しむ事も可能です。

お店の入り口の横のカウンターから、注文します。
電話での注文も受け付けていますので、気軽に頼んでみましょう!
速攻で餃子を食べたいのであれば、お弁当を頼むのがベストです。
餃子単品はもちろんの事、チャーハンと餃子の弁当や、豚味噌炒め弁当もありますね。
お値段も税込みで690円とお手頃な価格となっています。
テイクアウトだけでなく、お土産として購入するのもおすすめです。
自宅で焼いて食べる冷凍餃子や、先ほど紹介した石松餃子特製の餃子のタレやラー油も購入可能。
静岡へ行ったお土産として購入して行くのも良いですね。
購入して、石松餃子の思い出に浸ってみましょう!

まとめ

今回の記事では、静岡駅のASTYにある石松餃子ASTY静岡店を紹介しました。
浜松名物の石松餃子を食べたいと思ったのであれば、浜松に行かなければ食べられないというわけではありません。
今回紹介したASTY静岡店は、
  • お店が綺麗
  • 餃子はもちろん、それ以外のメニューも豊富
  • テイクアウトも可能

といった三拍子揃ったお店で美味しい餃子を食べれるので、必ず満足できます。

静岡を訪れる機会があるなら、是非1度浜松餃子を体験してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました