【ハンバーガーも味わえる】弁天島海浜公園の楽しみ方を紹介します

未分類

静岡県浜松市にある浜名湖。

その南側に位置する弁天島にある弁天島海浜公園は、浜松市を代表する観光地であり、多くの観光客が癒しを求めて訪れる場所です。

気候も良くなってきたので、弁天島に行ってみたいけど、
何があるのかな?

この記事ではこういった疑問に応えます。

弁天島海浜公園には、

  • 海水浴場
  • 季節限定の磯遊び場
  • 温泉
  • アメリカンスタイルのレストラン
  • 美しい夕日

があって、週末や長期休みで遊ぶには最高の場所です。

そんな最高の場所を楽しんで頂くために、今回この記事では浜松の弁天島海浜公園の楽しみ方を取り上げてみました。

特に家族連れやカップルの方で、どこに行こうか悩んでいるのなら、この記事を是非読んで参考にしてみてください!

 

 

弁天島海浜公園へのアクセス

JR東海道線の弁天島駅で下車し、道路を渡って徒歩3分ほどで着きます。
鳥居は、電車の車窓からもはっきり見えるので、交通の便としては完璧です。
ただし、東海道線は1時間に3本の運行となってますので、帰りの時刻表はしっかり確認しましょう。
車は、浜松駅から国道257号線を走り、篠原ICで301号線の方に走って行けば、弁天島海浜公園です。
駐車場は、297台が駐車でき、1回410円です。

弁天島海浜公園とはどんな所?

浜名湖の南に位置する、東西500mほどの広さの海浜公園です。
公園から見える鳥居は弁天島のシンボル。
毎年春から秋にかけては、鳥居周辺の干潟で潮干狩りや磯遊びで賑わい、冬場には遠州灘に沈む夕日が美しい弁天島は、浜松市を代表する観光地の1つとして全国的に有名です。
公園内にはヤシの木も生えていて、さながら南国ムードが漂っています。
というわけで、弁天島海浜公園の楽しみ方を紹介していきましょう!

弁天島海浜公園 赤鳥居(弁天島シンボルタワー)

弁天島の象徴といえばこの赤鳥居ですね。
新幹線と東海道線の車窓からもはっきり見えるこの鳥居は、高さが18mあり、別名「弁天島シンボルタワー」です。
ひろたか
ひろたか

明らかに鳥居なのに「シンボルタワー」と称されているのは、
この鳥居自体が、観光客誘致のために建てられたものと言われてます。
完成したのは、1973年です。

この鳥居を一躍有名にしたのは、海岸から見える夕日です。

毎年12月〜2月頃に見える夕日は素晴らしく、鳥居と後ろの浜名大橋が上手く合わさって、その美しさを演出します。
特に毎年12月の冬至の時には、沈む夕日が鳥居の中にすっぽりおさまる幻想的な絵を見ることが出来ます。
それはまさに芸術と言ってもいいくらいです。
夕日を見るなら、是非真冬に行ってみましょう。
こちらのサイトで、その夕日写真が見れます。

弁天島海浜公園 いかり瀬(潮干狩り、磯遊びスポット)

赤鳥居の周辺は大きな干潟になっていて、そこにはヒトデやあさりなどの貝類、カニや小魚といった生き物が生息しています。
特に、春先にかけての潮干狩りは有名で、シーズンには多くの人が詰めかけます。
ここ数年は、あさりが不漁で、潮干狩りが中止になるシーズンが多いので注意。
毎年4月から8月にかけて、写真の船着場から干潟まで行く渡し船が運行しています。
干潮時には、鳥居の近くまで行けるチャンスもありますよ。
*乗船料金
大人 1000円(中学生以上)
子供 500円(小学生まで)
他にも、漁師が運転する船に乗って、浜名湖を遊覧出来る南浜名湖遊覧船も、この船着場から発着しています。
所要時間30分で、鳥居の近くや橋の下等、普段は見れない場所を船からみれる貴重なチャンスです。
一隻3名までで、3000円。1人追加で+1000円かかります。

弁天島海浜公園 海水浴場

弁天島海浜公園には大きくはないものの、このようにビーチもあり、寝転んでリラックスする人がいたり、犬の散歩する人や家族連れもいて、一年中賑わうビーチです。
夏場には、泳ぎ目的の人も多くやってきます。
ちなみに、浜名湖の水は真水と塩水が混ざる汽水湖なので、水は塩辛いです。
ちなみに、浜名湖の水はかなり綺麗で、僕もこれには驚きました。
この写真を見て分かるように、透明度が高く、泳ぐには最適の湖ですね。

弁天島海浜公園 弁天島温泉

弁天島は、温泉街としての顔も持っています。
規模は凄く小さいですが、浜松周辺では名のしれた温泉街なのです。
写真は老舗ホテルのリゾート・ジ・オーシャン。
ここでは、日帰り入浴が可能で、気軽に温泉を楽しめます。
時間のある方は、是非くつろいで行ってはいかがでしょうか?
入浴料金
大人 1000円
子供 500円(4歳以上)
タオル込

弁天島海浜公園 Resort Cafe LEADER 弁天島店

弁天島海浜公園の敷地には、アメリカンスタイルのレストランがあり、大変な人気を読んでいます。
それがこちら、
Resort Cafe Leader 弁天島店です。
浜松市の中心街にあるアメリカンレストランの姉妹店で、本場アメリカのステーキやハンバーガー、ロコモコ等を味わうことができます。
ビーチの近くにあって、お店の外観も南国風になっているので、リゾート気分に浸りながら食事を楽しめますよ。
営業時間は、昼間の11時30分〜15時(日曜日は16時まで)だけの営業となっているので、店内はいつも混雑しています。
予約は受け付けていないので、席を確保したければ、早めに行きましょう。
席が確保できるまでの間は、外のテラスで待つことが可能です。
ヤシの木と美しい浜名湖を見ながら、のんびりと呼ばれるのを待ちましょう。
店内はざっとこんな感じ。
日差しが店内に入ると、アメリカのカリフォルニアとかハワイのレストランのように見えるような気になります。
壁に貼られているナンバープレートや看板が、昔の古き良き時代のアメリカを表していていいですね。
もし時間が無くて、早く食べたい!と思っているのなら、テイクアウトも可能となっています。
レジの所で注文を受け付けていますので、注文したらテラスで待ちましょう。
注文によっては、早く出てきますよ。
それでは、Leader自慢のハンバーガーを紹介しましょう。

Leader 弁天島店 牛100%バーガー

こちらが、Leaderの定番ハンバーガーの1つ、牛100%ハンバーガー(税込み1,078円)です。

えっ、ちょっと高いんじゃない?

と思った方、安心してください。

Leaderの全てのハンバーガーには、必ずポテトがついてくるのです!
これは、非常にお得感がありますね。
ちなみに、味はコンソメ味でした。
ハンバーガーは、
  • ワインソース(甘い)
  • バッファローソース(ピリ辛)
  • サルサソース(辛い)
  • ケイジャンソース(ピリ辛)
  • テリヤキソース

以上の5種類からソースを選べます。

贅沢ですね。

 

ハンバーガーのトッピングも、

  • チーズ
  • アボカド
  • ベーコンチーズ

から選べますよ。

 

ハンバーガーの中身です。ソースはバーベキューソースを選びました。
肉は食べやすく、肉汁がしみておいしかったです。
野菜も多く挟んであります。
また、パンもちょうどいい感じの柔らかさで、非常に食べやすかったです。
今回はスタンダードな牛肉を頂きましたが、他にも遠州黒豚や100%三ヶ日牛のバーガーもあり、地元産へのこだわりを前面に出したハンバーガーもあります。
訪れた際は是非食べて見てはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、浜松の弁天島海浜公園の見所を紹介していきました。
主な見所は

 

  1. 弁天島シンボルタワー(赤鳥居)
  2. いかり瀬(潮干狩り、磯遊びスポット)
  3. 海水浴場
  4. 弁天島温泉(ホテルリゾート・ジ・オーシャン日帰り入浴)
  5. Resort Cafe Leader 牛肉ハンバーガー

の5つです。

湖で遊びながら、ハンバーガーを食べて、温泉に疲れる弁天島海浜公園。

1日中楽しめるので、家族連れやカップルで行くにもおすすめです。

晴れた日の週末に、是非行ってみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました