静岡市郊外にある麻機遊水池周辺は、自然散歩を楽しめる生き物の宝庫でした

静岡ガイド

静岡県の県庁所在地である静岡市は、市街地は大きなビルが立ち並び、いわゆる「都会」の雰囲気ですが、ひとたび郊外の方に足を運んでみると、大きな山に囲まれた緑溢れる自然が広がっています。

 

広大な静岡市の約半分は山の中なので、日本の政令指定都市の中でも、かなり自然に恵まれた都市といえるでしょう。
そんなわけで静岡市には、自然にまつわる見所がたくさん点在しています。

その中から今回の記事では、静岡市葵区郊外にある麻機遊水池

・静岡市生まれ
・静岡市に住んで35年近く

になる、私松井ひろたかが紹介していきましょう。

 

静岡市の北部に位置する麻機遊水池には、季節の花や

  • トンボ
  • 野鳥

といった生き物も多く生息していて、豊かな自然を満喫できます。

 

・散歩しながら癒されたい
・植物観察やバードウォッチングをしたい

こうした方には特におすすめの場所といえます。

市街地から離れてますが、一度訪れてみたらその自然の豊かさに満足すること間違い無しです。

それでは、早速紹介していきましょう。

 

 

麻機遊水池 アクセスの紹介

JR静岡駅からしずてつジャストライン16番のりば(静岡駅ビルから地下道を歩き道路の反対側にあるバス停)から大浜麻機線の麻機、麻機北行きに乗車。
そこから約25分、「草場」バス停で下車。
バス停前の小道を3分ほど歩いたら、トイレと駐車場が見えてきます。
そこが遊水池の入口です。
車で訪れる場合は、静清バイパスの千代田上土ICで降りて約7分
または県立総合病院のところの唐瀬ICで降りて約5分で駐車場に到着します。
駐車場は合計6台くらいしか駐車できない狭い駐車場でした。
週末には家族連れの人が多く訪れる可能性があり、駐車スペースが埋まってしまうかもしれないので、そのつもりでいましょう。

麻機遊水池の簡単な歴史

 

縄文時代の頃の麻機地区は、清水まで続く海の入江だったそうです。
それが弥生時代になって海水面ができて低地になっていきました。
当時は静岡市最大の一級河川である安倍川の本流の水も、この辺りから清水まで流れ込んでいたそうです。

しかし江戸時代に、徳川家康が駿府城を静岡に建築すると同時に、洪水を防ぐために安倍川に土手を建設したことで、安倍川からくる水は極端に少なくなってしまいました。

そのため、水が土砂の堆積によってせき止められるようになり、それによって浅畑沼、現在の麻機遊水池ができたと言われています。
第二次大戦後、水捌けが悪くて稲作に不利な環境だったこの地区は、60年代から70年代にかけて、戦後の食料増産の意味も兼ねて土地改良事業を行った結果、麻機地区は静岡市でも良好な水田地帯になりました。
現在ここは、遊水池ということで静岡市から旧清水市を流れる巴川流域の洪水を防ぐ役目を果たしています。
この治水対策が行われるきっかけとなったのは、1974年の7月7日に発生した通称「七夕豪雨」でした。
静岡市や旧清水市で大雨による大規模な浸水被害が起きて、多くの犠牲者を出す大惨事となってしまいました。
この災害をきっかけに、静岡市は巴川の水が増えてきたときに、池に一時的に水を貯めてゆっくり流していくという治水対策が整備されるようになり、そのおかげで巴川流域の大規模な浸水の被害は最小減に留まっています。
それからは遊水池として。周辺の緑地化整備も進められるようになり、植物の宝庫として行政や地域住民が中心になって、大切に管理されています。
自然が増えたことで野鳥やトンボ、蝶なども多く住み着くようになり、麻機遊水池は静岡市でも有数の生き物の楽園として市民に親しまれているようになりました。
現在では広大な池を持つ4区と、その向かい側にあって緑地公園としても整備されている3区が中心になっています。
今回この記事では、広大な池と自然に囲まれた遊歩道を持つ4区を紹介していきましょう。

麻機遊水池  第4工区展望通路

 

遊水池の入口にある駐車場のところから、池全体を見渡すことのできる木製の遊歩道を歩いてみました。

この遊水池を歩いていると、ひっきりなしにトンボや蝶を見かけることができます。

遊歩道から見た美しい緑の湿地帯です。

この遊歩道では、釣りをする人や散歩する人などがいて、皆思い思いに自然を満喫していました。
週末に訪れると、家族連れで来る人も多く、網を使って水の中にいる生き物を採取して賑やかに過ごす光景を見れます。

 

麻機遊水池  池周辺の景色

 

 

池周辺は、写真のように高い草木に覆われています。
まるでジャングルの中の道を歩いているようで、ちょっとした探検気分です。

 

 

池の周辺には基本高い草木が生えていますが、所々にこうやって池を見渡せるスペースがあります。
このスペースに陣取って、釣りをしている人を見かけました。

 

 

今度は、池の水面を見ていきましょう。
池の周辺を歩きながら、
ひろたか
ひろたか

本当に魚なんているの?

と思いながら、水面を注意深く観察していました。

残念ながら水は濁っていて、底はもちろん生き物が泳いでいる姿を確認することはできませんでしたね。

別のところに行ってみました。
池の真ん中にある島は「野鳥の島」と言われていて、この池に集まる野鳥が羽を休める場所になっています。

この水面をしばらく見ていたら、写真の真ん中辺りにある岩の上に3匹の亀を発見しましたが、残念なことに僕の姿を見たとたんすぐに逃げてしまいました。

その後亀たちは水面から顔を出しながら泳いでいるのを確認。

その光景に、思わず笑みがこぼれてしまいましたね。

写真を撮影していると、大きなサギが飛んでいました。
残念ながら近くに来なかったので、写真に収めることはできませんでしたが、池には1年中色々な鳥がやってきて、羽を休めにやってきます。
駐車場のところには、麻機遊水池に生息する生き物や植物のリストが季節ごとに分かれて記されていました。
季節ごとに遊水池の様子は様変わりするので、全ての季節に訪れるのがベストですね。
遊水池には、春はヒバリやキジ、冬には鴨やミミズクやカカウが飛来するとのこと。
ひろたか
ひろたか

ちなみに僕は以前、麻機遊水池ではないですがキジを見たことがあります。

昆虫も冬以外でしたら季節の蝶やトンボを沢山見れます。

しっかり目を凝らして見ないとわからないですが、湿地帯には数多くの貴重な植物がそこら中に生えているので、歩きながら見つけて見るのも面白いです。
この看板を参考にして、色々な動植物を見つけてみましょう。

麻機遊水池 遊水池グラウンドと池を見下ろせる丘

遊水池の敷地内には、写真のような土のサッカーグラウンドが完備されていて、広く市民に開放されています。
普通に河川敷にあるようなグラウンドで、ちゃんとゴールも2つ置かれてました。
誰も使用してなければ、自由に使用していいのでしょうか?
シュート練習とかやるには最適の場所ですね。
以前週末に訪れた時は、少年サッカーの試合をやっていました。
使用頻度はまあまあありそうな気がします。
サッカーグラウンドの隣には、このように立派な設備を持つ野球グラウンドもありました。
そこそこ高いバックネットと屋根付きベンチがあって、草野球をするには最高のグランドなのではないでしょうか?
外野の芝生も綺麗に生えていて、かつ緑に囲まれているのもいいですね。
野球グランドの隣は小高い丘になっていて、写真のような広場になっています。
登りの階段のところに、草が生い茂って歩きづらかったので、それほどここに来る人は多くありません。
屋根付きのベンチなんかもあって、歩き疲れたら座ってくつろぎましょう。
丘の上からは、このように広大な池を眺めることができます。
池の大きさを改めて実感できる場所でした。
ちなみに、池の真ん中あたりに見える木々の群れは「野鳥の島」
この第4区の池には、野鳥の島は2つ存在するのです。
このような島を含めた環境に恵まれているおかげで、多くの鳥を見ることができるんですね。

麻機遊水池 麻機湿原 展望通路①

 

池の隣には、蓮やヤナギなど数々の植物が生い茂る湿原になっていました。
この湿原は、写真にある木でできた遊歩道が整備されていまして、自由に歩いて見学することができます。
遊歩道を歩きながら、湿原に生える花や草木を探してみましょう。
今回訪れたのは6月。
草木は僕の肩の辺りまで伸びていました。
トンボや蝶が飛んでいる中、湿地の中の方にも何か生き物が住んでいないかなーと必死になって探しましたが、結局この日は確認できませんでした。
水が少なかったせいでしょうか?
ところで以前この場所で、カミツキガメが生息しているという噂を聞いたことがあって、まさかいるんじゃないだろうな?と思い探してみましたが、まあ噂レベルの話ということもあって、当然見つかりませんでした(笑)。
いると思って、多少期待はしていたのですが。
湿地帯の地面はこうなっています。
木々がたくましく根付いていますね。
写真を撮っていると、どこからかウグイスの鳴く声が響きました。
物音1つしない静かな環境なので、鳴き声が良く響きます。
こちらの遊歩道はこんな感じでした。
ちなみに夏場は結構蒸し暑いので、水分の用意を忘れずに!

麻機遊水池 麻機湿原 展望通路②

麻機の湿原には、もう1つ別の展望通路があります。
こちらの方は、最初に紹介したところと比べて水量が多く、しかも写真にあるように水が綺麗でした。
池の水と比べてみても、だいぶ水の透明度が違いますね。
水面を見て見ると、小さい魚やカモを見かけました。
小魚はじっくり探して見ると、かなりの数を確認できます。
釣り客を見ていて、本当に釣れるのか疑問に思ってましたが、姿を確認できたことでその疑問を払拭することができました。
小さい魚だけではありません。
遊歩道を歩いていたら、たまたまですが大きめの鯉を見かけました。
遊水池ということから、どこからか流れついてたのか、それとも人間の手で放流されてここに住み着いたのでしょうか?
遊水池を歩いている最中、トンボをとにかく沢山見かけました。
写真のように、トンボが葉や遊歩道に止まっているのは、ここではごく当たり前の光景として見れます。
胴体が青白いこちらのトンボ、色々調べて見ましたがおそらくシオカラトンボと思われます。
こちらの遊歩道は、最初に紹介したところと比べると短いですが、植物が高く伸びてないので、風を感じることができて涼しく歩きやすかったです。
草木の緑が美しいですね。
こちらが遊歩道の終点です。
涼しげな木陰の下にはベンチがあって、のんびりと座ってくつろぐことができます。
広場みたいな感じになっていて、バードウォッチングなどの自然観察には最適な場所です。
麻機遊水池はこのように貴重な植物や鳥、昆虫の宝庫で、自然の魅力を感じるには最高の場所と言えます。
長年この地では、麻機遊水池の自然を保護するために、地元の保全活動推進委員会によって
  • 自然再生事業
  • 自然活動の調査
  • 麻機遊水池の宣伝活動
  • ゴミ拾いや植物観察会の主催

といった活動を日々行っています。

 

こうした影の努力によって、この美しい自然は守られているのですね。

 

 

まとめ

 


今回は、静岡市葵区麻機地区にある麻機遊水池の美しい自然の見どころを紹介していきました。
広大な池の周りには、市民の手で守られた美しい湿地帯が広がっていて、
  • トンボや蝶といった昆虫類
  • カモやサギなどの野鳥
  • 湿地帯に生える貴重な植物

で溢れています。

緑に囲まれた場所ということで、心を癒しに散歩したり、生き物を採取、観察して遊んだりするには最適の場所です。

 

バスの本数も多く、車でも簡単にアクセスできるところにあるので、静岡に観光にきたついでに訪れるにも最適なので、是非一度訪れて見てください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました